写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●在宅勤務社員の働き方とは
近年、日本で在宅勤務を導入する企業が増え、働き方も様々になってきている。インターネット関連のサービスを提供するニフティでも、2011年より育児・介護での希望者を対象に、在宅勤務制度を導入しているという。そこで、利用社員は、実際にどのような働き方をしているのか、WEBサービス事業部 事業部長の後藤信彦氏にお話を伺ってきた。

○ニフティの在宅勤務制度とは

――在宅勤務の始まりは、育児需要から始まったのでしょうか

育児に限定せず、介護も含めた多様な事情を持つ社員の「仕事と家庭の両立支援」と「やりがい支援」を目的に制度を開始しました。育児の場合は、小学校6年生までの子供を持っている社員。介護は、常時介護をする必要のある社員が対象です。原則、在宅勤務は週3日以内としています。

――後藤さんの周りでも在宅勤務をしている方もいらっしゃいますか

私が所属するWEBサービス事業部では、約100名のうち5名が在宅勤務をしています。このほか、時短勤務制度を活用するメンバーとして女性5名、男性1名がいます。

――在宅勤務の導入にあたって、整えられている環境というのは?

基本的には自宅でも作業できるようなインフラを整えています。我々はインターネットのサービスを提供している会社ですので、普段からクラウドを活用した仕事を行っているということもあり、上手く活用できていると思います。

○実際に在宅勤務で働くニフティ社員の姿とは

――社員の方は、自宅ではどのような作業をされるんですか?

メンバーによっても異なります。サイトの更新だったり、プロモーション担当だったり、様々な職務を在宅で行っています。1週間の在宅日数は平均2日で、残りの3日は会社に来ている形です。例えば、会社に来た時はミーティングを詰めて、まとめて作業した方が良いものは家で行うなど、上手くコントロールしてやってもらっています。

――ミーティングの予定を合わせるのは大変ではないですか?

課題となっている点です。ただ当社の場合、在宅勤務の曜日を固定しているので、周りの人も合わせやすいようになっています。会社に来る曜日は売れっ子みたいになってます(笑)。

――曜日固定以外に、在宅勤務の他の決まりって何かあるのでしょうか

週報の提出と、始業と終業時刻の連絡を所属長へ入れることです。また、『明日在宅勤務に変更』というように、急な日にちの振り替えは出来ないですね。希望によって曜日を増やす、逆に育児が落ち着いてきたから減らすなど、その都度話し合った上で調整しています。

――実際に在宅勤務をしている方の仕事の仕方はどのようなものなのでしょうか。ずっとパソコンに向かっているような……? 

そうですね。作業と向き合ってやってくれていると思います。コミュニケーションが必要な業務は会社に来た時にしてもらっているので、自宅にいても連絡を取りながら行っています。普段からチームでメールやチャットを使いながら仕事するケースが多いので、あまり変化なく業務できるかと思います。

――週報や始業時刻の把握によってコントロールできているのでしょうか

あとは、業務のアウトプットや日々の連絡のやり取りもキチっと見ていますので、そこで何か問題ありそうでしたらフォローして、課題があるようだったら解決する、という感じです。

●"家"で働くことのメリット
○在宅勤務の社員との向き合い方

――今までで、これはもっとこうした方が良かったと思ったことは?

ミーティングはface to faceでのコミュニケーションが大事だと思っていますので、予定調整の難しさがあるとは思います。逆に、それ以外の課題は認識していないので、もっと在宅制度を活用してもらえるといいなと思います。

――上手く運用するコツはありますか

在宅勤務の人にも、周りの人にも、いかに業務に対しての高い意識を持ってもらえるかが大事だと思います。仮に、在宅業務を行う方に休みが多いケースがあったとしても、普段のメンバーとのコミュニケーションが上手くいっていれば、「在宅だから」と見られることはないと思います。逆に、普通に会社に来ているメンバーでも、休みの取り方が良くなければ、周囲から反発が出ることもあると思います。区別して考えるより、各メンバーそれぞれが集中できる環境をつくることが大事だと思います。

――そういう環境をつくるために大事なのは、やっぱり対話でしょうか?

そうですね。普段のコミュニケーションや、何故このような業務をやっているのか、サービスで実現したいことへの理解がメンバーそれぞれに腹落ちしているかどうかだと思います。

――在宅勤務にはどのようなプラス作用がありますか

何かあっても安心して復帰できるということが、モチベーションアップに寄与しているのではないかと思います。また、最近ニフティとして家庭に向けたサービスの提供を強化している部分もあるので、普段の生活の中でどういった課題があるのか、実感として持っている社員が沢山いることは、サービス作りにおいても大事だと思っています。

――社員の声を参考にした具体的なサービスはありますか?

2015年4月に『おたよりBOX』というプリント類をスマホで監理できるアプリを出しました。幼稚園や保育園の行事の予定は紙で配られるかと思います。普段、冷蔵庫に張っていたり、食卓に置いていたりするかと思うのですが、そういったプリント類をスマホで整理することができます。

『おたよりBOX』の、企画自体は男性社員が考案したものでした。当初は違う方向で考えていましたが、子持ちの女性社員の方と議論をしてダメ出しをもらい改良したサービスとなりました。リリース後は高い評価をいただいているアプリなので、普段子育てをしている社員の声を反映するのは凄く大事なことなのだと感じました。

○働く場所の今後とは

――在宅勤務制度を今後もっと広げていくというようなことは?

これから間違いなく増えると思っています。今のところはいないですが、介護利用や、男性社員で必要になってくるケースも広がると考えています。今、全社で場所にとらわれずに働こうといったプロジェクトの話し合いも進んでいますね。

――色々なプロジェクトの動きが出ているのですね・・・!

どこで働くかといった話は、世間的にも話題ですよね。選択肢が多くある中で、一番身近な場所は自宅だと思うので、これから在宅勤務を重視していく必要があるのではないかと思います。

――ありがとうございました

○まとめ

以前マイナビニュース編集部で取材した日本マイクロソフトやクックパッドでも、在宅勤務制度を採用していた。こういった様々な事情を持つ人でも働きやすくなるサポートの手段として、働く場所をフレキシブルに対応する企業が増えていくのかもしれない。今回の取材で、働き方だけでなく、働く場所にも、企業が目を向けはじめていることを感じられた。

(百合野綾)