「ゴーストバスターズ」オリジナルメンバーが“女性版”新作に出演。

写真拡大

オリジナル版「ゴーストバスターズ」のメンバーであるアーニー・ハドソンが、現在製作中の女性版「ゴーストバスターズ」に出演したようだ。

1984年と1989年発表の同シリーズ2作に出演していたアーニーは以前、ソニーが新作を製作することについて懸念を露わにしていたものの、9月19日(土)に行われた撮影終了日に現場にいるのが目撃されたことから、カメオ出演を果たしたのではないかと、ザ・ハリウッド・リポーターは報じている。

クリス・ヘムズワースらも出演するこの新作で、アーニーがオリジナル版で演じたウィンストン・ゼッドモア役で出演するのか、全く新たなキャラクターを演じることになるのかについては分かっていない。

このポール・フェイグ監督作ではオリジナル版のキャストからはすでにビル・マーレイがゴーストバスターズ一行を陥れようとするマーティン・ハイス役を演じると言われているほか、ダン・エイクロイドも何らかのかたちでカメオ出演が見込まれている。

最近のインタビューでビルは新作への出演については長らく熟考を重ねた末、オファーを受けることにしたと明かしていた。

「出演についてはかなり検討したよ。本当に何か月もかけてね。いや、違うな。何年も真剣に考えていたよ」
「常に頭にあったし、主演の女性陣のことは本当に尊敬しているからね。それで突然、もし自分が出なかったら、そのことで僕がこの作品を認めていないとか思ってひどい評価とかを書く人が出たりするんじゃないかと思ったんだ」
「僕はあの女の子たちがすごく好きだからね。本当なんだ。断るのは難しい相手だよ。それにポールもすごくいい人だしね」