ポール・ポグバらの代理人を務めるミーノ・ライオラ氏【写真:Getty Images】

写真拡大

 かつてマンチェスター・ユナイテッドを率いたアレックス・ファーガソン氏は新たに発売する自身の著書『Leading』で大物代理人ミーノ・ライオラ氏を「数少ない嫌いな代理人の1人」と批判した。

 ポール・ポグバのユナイテッド退団における態度が批判の理由になっているが、これに対してライオラ氏も反論している。伊『トゥットスポルト』が伝えた。

「もしファーガソン氏が私のことを嫌っているなら、それは褒め言葉だ。私が自分の仕事を上手くやっていることを意味するね。監督やスタッフではなくクライアントのためにベストを尽くさなければならないんだ」

 ユナイテッドを離れることがポグバにとって有益だったと語るライオラ氏は、移籍をやめるよう選手を説得することもできたと明かす。それでもユベントス行きは決まってしまった。

 同氏は「ポグバの利益を最優先に考えた結果トリノへ行くことを決めた。おそらくファーガソンは自分に従う者しか好まないのだろう」と、代理人である自らへの批判に対して厳しい言葉を返す。

 そして「ファーガソンは素晴らしい監督だったが、偉大な指導者でさえも間違いを犯すということだ」と、有望株を手放す判断をしたスコットランド生まれの名将を痛烈に非難した。

text by 編集部