バルセロナでデビューを果たしたMFジェラール・グンバウ【写真:Getty Images】

写真拡大

 バルセロナMFジェラール・グンバウは、気がつけば信じられないシンデレラストーリーを体験している。22日付けの『マルカ』が伝えている。

 リーガエスパニョーラ第4節のレバンテ戦の62分にMFセルヒオ・ブスケツと交代し、デビューを飾ったグンバウがバルセロナBにやってきたのは1年と2ヶ月前。

 この20歳のスペイン人選手がプレーしていたのは5部に所属するジローナBであり、当時バルセロナB はセグンダA(2部)に所属していたため、いきなり4つも上のカテゴリーでプレーすることになった。チームはセグンダB(3部)へ降格してしまったが、グンバウは移籍初年度のセグンダAで38試合に出場した。

 ルイス・エンリケ監督は中盤のセンターでもサイドでもプレー出来るグンバウを「非常に興味深いプレーヤーだ」と評価し、怪我人が続出するトップチームで起用していくとしている。

 一方、当の本人は「自分はBチームのプレーヤー」と謙虚な姿勢を貫いている。

text by 編集部