アルゼンチン代表に選出されたパウロ・ディバラ【写真:Getty Images】

写真拡大

 アルゼンチンサッカー協会は22日、2018年ワールドカップ南米予選に挑む27名のメンバーを発表した。

 ヘラルド・マルティーノ監督は招集メンバーに今季ユベントスに加入したFWパウロ・ディバラ(21)を選出した。これにより、ナポリで活躍するFWゴンサロ・イグアインが招集外となっている。

 ディバラは祖父がポーランド出身でありイタリアにもルーツを持つことから、ポーランド代表とイタリア代表を選択する資格も持っていた。しかしながら、本人がアルゼンチン代表を希望しており、今回の招集で代表国が正式に決定する形だ。

 アルゼンチン代表は10月8日にホームでエクアドルとのW杯予選初戦を迎える。13日には、第2節パラグアイ戦をアウェイで戦う。

 全27名の招集メンバーは以下。

【GK】
ロメロ(マンチェスター・ユナイテッド)
グスマン(ティグレス)
マルケシン(サントス・ラグナ)

【DF】
マス(サン・ロレンソ)
ロンカリア(フィオレンティーナ)
ガライ(ゼニト)
オタメンディ(マンチェスター・シティ)
ロホ(マンチェスター・ユナイテッド)
カスコ(リーベル・プレート)
フネス・モリ(エバートン)
デミチェリス(マンチェスター・シティ)
サバレタ(マンチェスター・シティ)

【MF】
バネガ(セビージャ)
クラネビッテル(リーベル・プレート)
マスチェラーノ(バルセロナ)
ビリア(ラツィオ)
ペレイラ(ユベントス)
パストーレ(パリ・サンジェルマン)
ペレス(バレンシア)

【FW】
ガイタン(ベンフィカ)
ディ・マリア(パリ・サンジェルマン)
テベス(ボカ・ジュニオルス)
ディバラ(ユベントス)
ラベッシ(パリ・サンジェルマン)
コレア(アトレティコ・マドリー)
メッシ(バルセロナ)
アグエロ(マンチェスター・シティ)

text by 編集部