流浪人・川村昌弘はアジアンツアー共催のほうが居心地がいい?(撮影:ALBA)

写真拡大

<ダイヤモンドカップゴルフ 事前情報◇23日◇大利根CC 西コース(7,101ヤード・パー70)>
 24日(木)に開幕する『アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ ダイヤモンドカップゴルフ』はJGTOとアジアンツアーの共催競技。アジアンツアーの猛者たちが国内トップ選手たちと凌ぎを削る大会だが、馴染みのない選手も多い。そこで22歳ながら世界を転戦する流浪人・川村昌弘に注目する“怖い選手”を聞いてみた。
これまでのシーズンをフォトギャラリーで振り返る!
 「ホッとするんですよ」と国際色豊かな会場に馴染んでいる川村がまず挙げたのは、予選ラウンドで石川遼、藤田寛之と同組にペアリングされているプロム・ミーサワット(タイ)。今年の『タイランドオープン』もミーサワットに推薦されて出場できたというほど仲のいい選手で「今季調子が良くて、アジアからヨーロッパツアーのシードをもう決めている選手です」。
 そして川村自身が同組で回るSSP・チャウラシア(インド)も注目だという。「よく回るんですけど、飛ばないんですが、球が曲がらない。パターがうまいんですね、ガサガサのグリーンだとしても。ショットメイキングも凄い」。
 そして良く喋るというラーマン・シディクール(バングラディッシュ)。「今週のフィールドのなかで間違いなく一番飛ばないですけど、上手いんですよ、ゴルフが。アプローチは彼より上手い選手は見たことがない」という。
 “怖い選手”は多いというが、川村自身も2年前に初優勝を味わい、アジアへの門扉を開いた大会で、ライバルたちに負けるつもりはない。現在国内ツアーとアジアンツアーともランク31位。今後も両ツアーを股にかけてプレーするために、両ツアーに賞金額が加算される“おいしい大会”での結果は必須だ。
 明日は必勝を期す川村と、彼が恐れる3選手に注目してはどうだろうか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【WITB】
甚大被害の常総市に隣接 大利根CCのダイヤモンドカップは予定通り開催