毎月4億人、投稿累計400億枚を超えた「インスタの躍進」

写真拡大

Instagram(インスタグラム)は「大成功」している。そして、その成功を知らせたがっている。いまや毎月4億人が、丁寧に盛りつけした食べ物や自然の風景を投稿しているというのだ。

「毎月4億人、投稿累計400億枚を超えた「インスタの躍進」」の写真・リンク付きの記事はこちら

インスタグラムブログ投稿で発表されたこの画期的な出来事は、創業5年の同社が「確実な安定成長」を謳歌し続けていることを示している。

Facebook傘下である彼らインスタグラムによると、Instagramユーザーの75パーセント以上が米国外のユーザーで、最近ログインした1億人の会員のうち、半数以上がヨーロッパとアジアのユーザーだという。また同社は、英国のデイヴィッド・ベッカムやインドネシアのラフィ&ナギタの人気タレントカップル、ドイツのサッカープレイヤー、トニ・クロース、韓国のT.O.P.を“特筆すべきニューカマー”の例として公表した。

同社はまた、毎日8,000万以上の投稿があり、全体で35億の「いいね」を獲得したと伝えている。計400億以上の写真がInstagramサイトで共有されている、ということになる。

確かに、ユーザー数4億人というのは、発表するには切りのいい数字だし、(アメリカ広告界最大のイヴェントである)「アドヴァタイジングウィーク」が間近に迫っているので(発表に力が入るのも)なおさらだ。このことはまた、いま同社がTwitterよりずっとうまくいっていることを示している。Twitterの月間アクティヴユーザー数は3億1,600万人だが、ツイッター社自体はいまなお常任のCEO探しに苦労しながら困難な段階にある。Instagramは、最近ユーザー数が1億人に達したデジタルスクラップブックサイト・Pinterest(ピンタレスト)をも凌いでいるということだ。

しかし、Instagram成功のニュースは、とりたてて驚くことではない。同社は、冥王星の初めての表面画像を素早く掲載するなど最近いくつかの重要な戦略を講じている。横長形式と縦長形式への対応や全く新しい検索機能といった、いくつか評判のいい機能も発表した。

TAG

InstagramSNSWIRED US