勝利したヘルタに所属する日本代表FW原口元気【写真:Getty Images】

写真拡大

【ヘルタ・ベルリン 2-0 ケルン ブンデスリーガ 第6節】

 ブンデスリーガ第6節が現地時間の22日に行われ、日本代表FW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンのホームにFW大迫勇也が所属するケルンが乗り込む日本人対決となった。

 お互いに先発出場を果たした試合は、ヘルタがやや優勢で進める。すると43分、左サイドからのクロスをFWヴェダド・イビシェビッチがヘディングで合わせヘルタが先制に成功。今季リーグ戦初ゴールを決めたイビシェビッチは、後半アディショナルタイムにもカウンターからDF裏に抜け出し、GKとの1vs1を冷静に決めて2点目を挙げた。

 そのまま試合は終了し、ヘルタが2-0で勝利している。

 ヘルタは今季リーグ戦3勝目となり5位に浮上し、対するケルンは7位となった。次節、ヘルタは日本代表MF長谷部誠が所属するフランクフルトと対戦し、ケルンはインゴルシュタットと試合を行う。

【得点者】
43分 1-0 イビシェビッチ(ヘルタ)
94分 2-0 イビシェビッチ(ヘルタ)

text by 編集部