絶品グルメを堪能するピクニックとして、最高のおつまみが揃うビアガーデンとしても楽しめる

写真拡大

野外フードフェスティバル「まんパクin万博2015」が2015年10月3、4日と9〜12日の6日間、大阪府吹田市の万博記念公園で開催される。

話題の人気店がずらりと立ち並ぶ

「まんパク」の飲食店は、音楽フェスの飲食エリアで名物化している「フェス飯」や全国の物産展イベントで話題となった人気店ばかりという。それらを「ご当地」「ラーメン」「からあげ」「餃子」「スイーツ」「ワールド」などのジャンル別にエリアが分けられている。

昨年登場し好評だった「海鮮」エリアは規模を拡大する一方、大阪の台所「黒門市場」の人気店が初めて参加するなど新鮮な秋の幸が加わり食欲の秋を盛り上げる。

イベントは関西の居酒屋やグルメ・レストランを紹介する人気番組「魔法のレストランR」(毎日放送)が全面協力。「魔法の肉横丁」と題し、関西屈指の肉グルメ店が勢ぞろいするエリアが設けられる。さらに同番組に出演する有名シェフが、日替わりで腕をふるうスペシャルレストランが今年もオープン。「野菜」をテーマにまんパク限定メニューを披露する。

開場は10時、閉場は18時。公園入園は16時30分まで。入場券は500円(10月9日は400円)、前売券は400円(10月9日用は300円)。別途公園入場料(大人250円、小中学生70円)が必要。