「BHT-1306QWB-H」は温度センサーを備えたHACCP業務向けハンディターミナル。接続されたセンサーで食材の温度を計測し、他の情報と一元管理することで食品事故を防止する(撮影:防犯システム取材班)

写真拡大 (全2枚)

 デンソーウェーブは東京ビッグサイトで開催されていた「第17回 自動認識総合展」にて、ハンディターミナルを活用したフードディフェンスソリューションなどを紹介した。

 温度センサー対応ハンディターミナル「BHT-1306QWB-H」を使用して、「HACCP」(ハサップ)に対応する食品工場での品質管理ソリューションや、OCR対応ハンディターミナルによる消費期限管理ソリューションなどを提案していた。

 温度センサーに対応したハンディターミナルによって、品質上問題がおきかねない温度変化があれば、その他のバーコード/QRコードに記録されている調理者情報、製品情報とともに表示・記録することで、食品事故を防止するといった展示を行っていた。

■関連リンク
「食」の安心・安全 特集
防犯システムNAVIデータベース
防犯システムNAVI