ガブリエウ(左)とジエゴ・コスタ(右)【写真:Getty Images】

写真拡大

 先週末のアーセナル戦で“事件”を起こしたチェルシーのFWジエゴ・コスタは3試合の出場停止となるようだ。22日、イングランドサッカー協会(FA)が発表した。

 D・コスタはアーセナル戦の43分にアーセナルのDFロラン・コシエルニーの顔面に手を当てたことが問題となっている。この好意を受けてDFガブリエウが激怒し、同選手の退場を誘発した。しかしながら、FAは映像を見返したことでD・コスタに処分を課すことを決定したようだ。

 一方で、ガブリエウへの暴力行為による3試合の出場停止処分は取り下げられている。アーセナルの異議をFAが受け入れた形だ。試合結果に大きな影響を与えたとされる退場なだけに後悔が残るが、ひとまず一件落着と言えそうだ。

text by 編集部