ロンドンで人気!英国発のカップケーキ専門店「LOLA’S Cupcakes」が原宿に初上陸

写真拡大 (全4枚)

イギリス発祥といわれるカップケーキは、カラフルなデコレーションとクリーミーな味わいで東京女子にも愛されているスイーツ。その本場ロンドンの人気店がこの秋ついに原宿に上陸すると言うから、見逃せない!

「LOLA’S Cupcakes(ローラズ・カップケーキ)」は、英国・ロンドンの高級住宅街プリムローズヒルに2006年に誕生したカップケーキ専門店。その日本1号店が、2015年10月3日(土)にグランドオープンする商業施設「カスケード原宿」の2階に登場する。

創業者は、VictoriaとRomyの幼なじみコンビ。見た目もかわいらしいカップケーキはたちまち話題になって、創業して数年でハロッズやセルフリッジなどの有名百貨店に店を持つように。そして、いまやイギリス国内に16店舗、海外3カ国に店舗を持つカップケーキチェーンに成長を遂げたそう。

東京店には、本場ロンドンで人気のフレーバーのほか、東京オリジナルのカップケーキも登場するということで、広報担当の粟飯原(あいはら)さんに詳しく聞いてみた。◆絶対食べたい!ロンドンの人気フレーバー4種類に注目


イギリスの店舗では35種類のクラシックなカップケーキを販売していて、東京店ではそのうち15種類がRegular(R)とTiny(T)の2サイズでいただける。特に注目の4種類をご紹介。

ロンドンでいちばん人気の「Red Velve/レッドベルベッド」は、チョコレート生地とクリームチーズを加えたクリームとの相性が絶妙な1品。チョコレート好きにはたまらない「Chocolate Heaven/チョコレート・ヘブン」は、甘さ控え目のチョコレート生地と、濃厚なガナッシュを楽しめる。

イチゴのツブツブまでしっかり感じられるフレッシュなクリームがおいしい「Strawberry/ストロベリー」や、ニンジンを練り込んだ生地とチーズクリームを組み合わせた「Carrot/キャロット」など、フルーツや野菜を使った定番フレーバーも。

写真上段左から時計回りに)「Red Velvet」(R518円、T280円)、「Chocolate Heaven」(R 604円、T324円)、「Strawberry」(R604円、T324円)、「Carrot」(R518円、T280円)

◆東京オリジナルのフレーバー4種類が登場!


日本出店に伴い、東京店だけのオリジナルカップケーキ4種類が登場。

日本人になじみ深い食材を使っているのは、新鮮な抹茶をたっぷり使った「Matcha/抹茶」。ホワイトチョコレートと抹茶のチョコレートにマシュマロを練り込んだロッキーロードのトッピングがユニーク。バニラ生地のカップケーキ「Tokyo Vanilla/東京バニラ」は、白あんを加えたクリームが日本らしい。定番のバニラフレーバーに比べて、甘さ控え目なのが特徴だとか。

秋らしさを感じさせるカップケーキも四季を大切にする日本ならでは。「Mont Blanc/モンブラン」は、バニラを使った生地と蒸し栗のペーストを練り込んだクリームの組み合わせ。チョコレートの落ち葉と、和栗の渋皮煮がアクセントに。ほろ苦いチョコレート生地とブラッドオレンジのクリームを合わせた「Blood Orange/ブラッド・オレンジ」は、ブラッドオレンジの果実とソースで後味も爽やかな大人向けの味わいになっている。

「いま、欧米では抹茶が流行中。『Matcha/抹茶』は、ロンドンにも逆輸入する予定です。一足先に、自慢の味をお試しください」(同)

写真上段左から時計回りに)「Matcha 」(R604円、T324円)、「Tokyo Vanilla」(R518円、T270円)、「Mont Blanc」(R604円、T324円)、「Blood Orange」(R561円、T302円)

◆誕生日やイベントにぴったりのホールサイズも


さらに、2016年1月からはホールサイズケーキをオーダーメイドも始まるとか。特に、クリームで作った3色のバラで飾った「SHOW GIRL/ショーガール」(20名用10260円〜・写真、3〜4名分の「Small Show Girl」は2700円〜)は、プレートへのメッセージやフレーバーのカスタマイズも相談できて人気だそう。また、好きなイメージをプリントしてもらえる「Image Cupcakes(イメージカップケーキ)も、イベントなどにおすすめ。

ふだんのご褒美スイーツや手土産に、誕生日や女子会などのイベントに。初上陸のカップケーキを持って行ったら、女友達も喜んでくれるはず。