クロアチア代表の新監督に就任したアンテ・チャチッチ氏【写真:Getty Images】

写真拡大

 クロアチアサッカー協会(HNS)は21日、成績不振により解任したニコ・コバチ監督に代わり新しくアンテ・チャチッチ氏が監督に就任することを発表した。

 前任のコバチ氏はEURO予選でクロアチア代表を率いていたが最近の3試合で勝利がなく解任。勝ち点18のイタリア、勝ち点16のノルウェーに次いで、勝ち点14でグループ3位につけており、予選突破が厳しい状況に立たされている。そこで、HNSはディナモ・ザグレブやロコモティヴァ・ザグレブなどの国内リーグの主要クラブを中心にアシスタントや指揮官として率いた経験を持つチャチッチ氏を新監督に招聘した。

 契約期間は2018年のロシア・ワールドカップ終了後までとなっている。10月10日にはブルガリア代表との試合を控えており、期待を寄せられて招かれたチャチッチ新監督の手腕が試されることとなりそうだ。

text by 編集部