歯科医が考案した「舌まわし体操」で顔のむくみ、たるみがスッキリ!

写真拡大

 疲れ顔、むくんだ顔、顔のたるみ‥‥。こんな日はいくらメイクでごまかそうとしてもどうにもなりませんよね。もう少しフェイスラインをスッキリできないものか?

 そんな人に試してもらいたいのが、表情筋が鍛えられることでフェイスアップに効果があると評判の「舌まわし体操」です。

 日本歯科大学新潟生命歯学部の小出馨教授が考案したというこの体操は、「世界一受けたい授業」(日テレ)や「あさイチ」(NHK)などでも取り上げられ、手軽にできる美顔・小顔エクササイズとして話題となりました。

 やり方も簡単。口を閉じたまま舌で歯茎をなぞるようにぐるっと円を描く動作を、左右それぞれ20回程度行うだけ。

 ただし、やってみると意外と舌の付け根や顎などが疲労します。ただ、この疲れこそが表情筋のエクササイズの効果であり、フェイスラインを引き締めるのに重要。疲れたからといってサボっては意味がありません。

 とはいえ、職場や外出先で行うとチョット異様なその表情に、向かいの人がドン引きすることも。したがって、自宅でテレビでも観ながら行うのがいいでしょう。

 慣れてきたら回数を増やしてみるのも良し。SNS上では「短期間で効果が出た」という声もあがっています。

 ちなみに舌まわし体操をすると、顔全体の筋肉が同時に動くことで、顔の歪みまで整える効果もあるのだとか。

 それにより、噛み合わせや頭痛の改善にもつながるというから、まさにいいこと尽くめ。唾液の分泌量も増え、免疫力向上や口臭予防にも効果があるかもしれません。

 お金もかからず道具も必要ないので、誰でも気軽にはじめられるフェイスエクササイズ。試しに3日間続けてみたら、「別人」のようになれるかもしれませんよ?