松瀬学●文 text by Matsuse Manabu

 これは夢か現実か。ラグビーのワールドカップ(W杯)イングランド大会で、日本代表が過去2度の優勝を誇る南アフリカから大金星を挙げた。歓喜の爆発。約3万の観衆で埋まった英国ブライトンの会場では「ジャパン!」コールが鳴り続けた。

 日本のエディー・ジョーンズヘッドコーチ(HC)が声を震わせる。

「これで日本のラグビーの歴史が変わった」

 それはそうだ。過去W杯での日本の勝利はわずかひとつ(通算1勝2分21敗)だった。24年ぶりの勝利が、世界ランク3位の南アからとは。よほどうれしかったのだろう、観客席では感涙にむせぶ日本人が続出した。

 まさに「信は力なり」である。最後まで桜戦士は勝利にこだわった。

 ロスタイム。日本が敵陣ゴール前の左中間辺りで、ペナルティーキック(PK)をもらう。点差は3点。同点PG狙うかと思いきや、相手がシンビン(10分間の一時退場)でFW が1人少ないこともあって、スクラムを選択した。

 主将のリーチ マイケルが振り返る。

「最後は同点ではなく、勝ちにいこうと思った。練習でやってきたことを信じてやった」

「同点はいらなかった」とフルバックの五郎丸歩もチームメイトの心境を代弁する。実はこのシーン、ジョーンズHCは観客席で「ショット(PG )!」と叫んでいる。でも、ピッチ上の選手はスクラムで一致した。選手が成長したということである。

 五郎丸が続ける。「あの時点、全員がスクラム(の選択)でした。勝たないと歴史は変わらない。勝利を最後まで、信じることができたんです」

 そのスクラムからいいボールが出る。右に回し、ポイントを作って、今度は素早く左に回した。センターのアマナキ・レレイ・マフィが外に引っ張り、外のカーン・ヘスケスにボールを渡した。そのニュージーランド出身の30歳が脱兎のごとく、左隅に飛び込んだ。執念の決勝トライ。

 ヘスケスは顔をくしゃくしゃにした。「走るコースが見えた。姿勢を低くして、足をドライブした。めちゃくちゃうれしかった。信じられない気分だ」

 確かに勝因は多々挙げられる。まずはディフェンスの勝利である。相手が慣れてない低いタックルを見舞わせ、1人目が下だと、2人目は上と、巨漢揃いの南アを倒すための"ダブルタックル"も意識した。

 倒れても、倒されても、足を懸命にかいて前に出る。なかでも急遽、クレイグ・ウィングに代わって先発出場したセンター立川理道のタックルがよかった。責任を果たした25歳は言う。

「僕には低いタックルしかない。(ディフェンスを)やりきってやろうと考えていました」

 ディフェンスがよければ、攻撃にもリズムが生まれる。後半28分、それまで相手スタンドオフ(SO)を狙って、ぶつかっていたことが伏線となった。立川が相手SOに当たる前にSO小野晃征に渡し、すかさずワイドに振った。ウイング松島幸太朗がラインをブレイクして、フルバッグの五郎丸につなぎ、そのまま右中間に飛び込んだ。

 日本が目指してきた『アタッキング・ラグビー』を象徴するトライだった。五郎丸はこの日、ひとりで24点をマークした。

「(南アに)走り勝てる自信があった」

 これまで日本は強豪とのテストマッチでは、ラスト20分でやられ続けてきた。それがこの日はラスト20分、いやロスタイムで勝ったのである。自信の裏付けは、ズバリ世界一の「ハードワーク」である。

 さらに準備も万全だった。スクラムコーチにダルマゾ氏を招いたほか、ディフェンスコーチ、ストレングス強化のコーチなど、各部署に世界的なコーチを配した。メンタルコーチまでつけ、重圧のかかる大舞台でも実力が発揮できるようにした。

 その結果、スクラムでも押し崩されることはなかった。先発メンバーのFWの平均体重が南アの約117キロに対し、日本は約109キロだった。その差8キロ。押し込まれても、8人の結束は最後まで崩れなかった。

 低い姿勢と結束力、勝利への執着力とプレーの精度。そのベースとして「信は力なり」なのである。己を信じ、チームメイトを信じ、勝利を信じることが、何より大事なことだった。

 奇しくも19日は、日本ラグビーの歴史を創った故・大西鐡之祐(※)さんの20回目の命日だった。その日に新たな歴史が刻まれた。3大会連続W杯出場の37歳ロック、大野均は「感無量です。こんな日が来るとは」と顔をくしゃくしゃにした。
※元ラグビー日本代表監督(1966年~1971年)。日本人の特性に基づいた戦術を練り、世界の強豪と接戦を演じた

 もちろん、この大金星を生かすためには、残るスコットランド戦、サモア戦、米国戦も勝って、日本が決勝トーナメントに進まないといけない。いつも日本ラグビーの将来を考えているスクラムハーフ田中史朗は言う。

「世界が日本もできると感じてくれたと思う。でも、ここで負けると価値が落ちてしまう。しっかりした準備をして、残りも勝ちにいく」

 歴史が動く。初の決勝トーナメント進出が、2019年W杯日本大会開催へ弾みをつけることになる。