ポーランドU-17代表時代のカロル・リネッティ【写真:Getty Images】

写真拡大

 今夏も金にモノを言わせて大型補強を敢行したマンチェスター・シティだが、次なるターゲットは若手への投資のようだ。21日の英紙『デイリー・メール』によれば、昨季のp-ランド王者レフ・ポズナンに所属する同国代表MFカロル・リネッティに興味を示しているという。

 リネッティは20歳ながらすでにポーランド代表6キャップを誇る期待のMFで、プレーオフを制し昨季のポーランド1部優勝を果たしたレフ・ポズナンでも3シーズン前から主力として出場し続けている。

 シティは先週17日のヨーロッパリーグ初戦、レフ・ポズナン対ベレネンセスにスカウトを送り込んでリネッティを視察しており、競合するトッテナムを出し抜こうと獲得に向けて積極的に動いている。

 大型投資の裏で若手育成への資金投入も積極的なシティは、夏の移籍市場でトルコ人FWエネス・ウナルや「イングランドのメッシ」と称されるパトリック・ロバーツを獲得した他、下部組織で育ったケレチ・イヘアナチョが継続的な出場機会をもらってブレイクの気配を漂わせている。

 すでにトップレベルでの経験が豊富なリネッティはシティのスカウトを満足させられたのか。獲得後すぐにレンタルへ出される可能性もあるが、将来欧州トップレベルで活躍できる才能に間違いはなさそうだ。

text by 編集部