柳川悠二●文 text by Yanagawa Yuji 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 今年、どこよりも長い夏を過ごした東海大相模が、新チームとなって臨んだ秋季神奈川大会準々決勝で姿を消し、来春の選抜出場が絶望的となった。

 相手は、しのぎを削り合ってきた長年のライバル・横浜高である。同一カードだった夏の神奈川大会決勝において、0-9の大差で敗れた横浜高は、50年近く同校で指導した渡辺元智監督(70歳)が勇退し、平田徹監督(32歳)が就任。それからわずか2カ月弱で、雪辱を果たしたわけである。新生・横浜高の船出としてはこれ以上ない結果となった。平田監督は言う。

「(東海大相模は)甲子園の決勝戦まで戦ったチームですから、新チームの始動という点では、うちにアドバンテージがあった。選抜に行くという目標の中で、『できれば東海大相模とは当たりたくない』という心持ちではなく、直接対決で叩いて行きたいという気持ちがありました」

 東海大相模の先発は北村朋也。一方の横浜の先発は藤平尚真。ともに180センチ台の身長から140キロ台中盤のストレートを投げ、スライダーに切れのあるタイプの好投手である。

 試合は中盤まで両投手の好投が光ったが、先に得点を奪ったのは横浜だった。5回表、中学時代にU--15日本代表の経験がある1年生の増田珠(ますだ・しゅう)がチームとして2本目のヒットで出塁すると、昨年夏から試合に出場する3番・公家響(くげ・ひびき)がライト前に先制のタイムリーを放つ。6回にも1年生捕手・福永奨のタイムリーツーベースでリードを2点に広げた。

 全国制覇の立役者である小笠原慎之介、吉田凌という先輩ふたりの影に隠れていたとはいえ、北村も日本一メンバーで甲子園でもわずかなイニングながらマウンドを踏んだ。

 しかし、8月に大阪での短時間練習しかできなかった北村はコンディショニングの面でも不安が残り、名門・横浜高で前チームからエースとして登板し、この8月は雪辱に燃えて走り込みや投げ込みを行なって追い込んできた藤平に比べ、実践練習が圧倒的に乏しかった。投手だけでなく、甲子園決勝にスタメン出場した野手も東海大相模にはひとりもいない。試合経験値では横浜高のナインが大きく上回っていた。

 東海大相模は6回裏に1点を返したものの、7回表に北村が3点を奪われ降板。8回にも5失点し、まさかの8回コールド負けとなった。

 横浜高の平田監督は勝因を「藤平のピッチングに尽きます」と話した。

「(藤平は)自分自身を大きく飛躍させたいという気持ちを強く持っている。たとえば、U--18日本代表の試合を見ながら、来年は自分が絶対あそこに選ばれるんだ、と。自分のチームをおざなりにしているところもあるんですが(笑)、何が何でも甲子園、日本代表、プロ......そういう高い目標を持って、向上心を持って、よく練習する。頼もしく思っています」

 MAX149キロの藤平は1失点完投。U-18日本代表の試合から得たインスピレーションを次のように語っていたのが印象的だった。

「高いレベルだと真っ直ぐだけでは打ち取れない。ストレートも変化球も狙ったところに投げられないと、外国人打者は抑えられない。(W杯の決勝で好投した)上野(翔太郎/中京大中京)さんのストレートのコントロールは見習わないと」

 甲子園通算51勝の渡辺前監督の後を受けた平田監督は、8月は投手陣には徹底した走り込みを課し、野手陣には長い時間、ノックを打ち続けた。

「渡辺監督時代から大きく変革したようなことはありません。月並みですが、バッテリーを中心とした守りの野球。それをキャッチフレーズにやってきました」

 渡辺前監督は、現在もたびたび練習には顔を出し、球種が判明しやすい藤平の癖を指摘し、「フォークの握りでボールを持って、グラブの中で握りを変えなさい」とアドバイスしたという。

 もちろん東海大相模戦も会場の保土ヶ谷球場を訪れ、試合後は雪辱を果たしてくれた生徒を称えていた。

「ナイスゲームじゃないですか。私がいなくなった途端に強くなった(笑)。全国制覇したあとの秋季大会は難しいものです。(東海大相模は選手のほとんどが)代わっているでしょ? うちの場合は、この夏のメンバーが新チームにも残っていましたから」 

 東海大相模は内野陣に4つのエラーが出るなど、「攻撃的な守備」を標榜する門馬敬治監督にとっては、想定外のミスが続いた。一方の横浜はノーエラーだ。渡辺前監督は2-0で迎えた6回裏、一死満塁から犠牲フライを打たれたあと、中継に入った1塁手の公家が、セカンドランナーを3塁でアウトにしたプレーを評価していた。

「どうしても野手はホームに気持ちが集中してしまうし、焦るとボールがそれてしまうことが多いんですが、しっかり3塁手がタッチしやすいところに投げて、アウトにした。大きかった」

 夏の過ごし方が、この試合に限っては両校の明暗を分けた。新生・横浜高がライバルに雪辱を果たし、選抜出場に一歩、近づいた。