人ごみや外で触れる様々なものには、風邪をはじめ病原菌やウイルスもたくさん。手洗いやうがいは一番簡単で効果的に菌やウイルスを除去できる方法ですが、これにカテキンが加わればもっと効果があるんです。カテキンたっぷりの「緑茶/紅茶うがい」でこの秋冬は風邪知らずで過ごしましょう。

お茶にはカテキンがいっぱい

カテキンとはポリフェノールの一種で、強力な抗酸化力と殺菌力があり、お茶の苦みや渋みの成分になっています。緑茶や紅茶にはこのカテキンが豊富に含まれていることがよく知られていますよね。食後お茶を飲むことで、カテキンが糖や脂肪の吸収を穏やかにし、胃がんの原因となるピロリ菌や食中毒の原因となる菌の活動を抑制し、口中を殺菌してくれるという素晴らしい効果もあるのです。

医者も絶賛する風邪予防法

昔から風邪予防には手洗いうがいと言われますが、これは気休めではありません。意外なことに風邪やインフルエンザの菌は、くしゃみやせきで移る飛沫感染よりも、菌がついた手からあちこちに拡散し、手から体に入って感染する接触感染の方が多いのです。マスクをして外出しても、帰宅して手洗いうがいをしなければ意味が無いと言っても過言ではありません。手から口に菌が入るのはたやすいことなので、うがいで殺菌をするのも効果的なのです。すでに喉に菌が入ってしまっても、うがいで菌を抑制することは十分可能だそう。お茶で有名な静岡県の小学校では、蛇口からお茶が出る給茶器があり、お茶うがいが励行されているそうです。

カテキンが多いお茶はどれ?

お茶うがいの仕方はとても簡単。残ったお茶でも出がらしでも構いません。熱すぎるとうがいをしにくいので人肌程度に冷ますか、完全に冷めていても大丈夫。まずはお茶で口の中をブクブク。カテキンには殺菌力があるので、あまりおすすめできませんが実はそのまま飲んでも問題なし。口の中をブクブクしたら、次は喉をガラガラ。これで口と喉の殺菌は完了です。お茶の中でもカテキンが多いのはほうじ茶や紅茶。ティーパックの余りや出がらしでうがい用お茶を作っても良いかもしれませんね。市販のうがい薬やイソジンが苦手な人も、お茶なら試せますよね。今年はカテキンで風邪やインフルエンザを予防しましょう!


writer:しゃけごはん