前日も初回に15分の猛攻、先制打の柳田「食らいついていった」

 ソフトバンクが22日、またも2位・日本ハムに強烈な「先制パンチ」を浴びせた。

 初回。川島の死球、中村晃の四球で無死一、二塁とすると、柳田の右中間を破る適時二塁打で1点を先取。トリプルスリーを当確させている3番打者の先制打を合図に、2死満塁からは吉村が右翼フェンス直撃の2点二塁打を放った。

 日本ハム先発の吉川と高校時代に対戦経験のある柳田は「打ったのはカーブ。食らい付いていきました。先制できて良かったです」と納得の表情。吉村は「打ったのはまっすぐ。逆らわずにうまく打つことができました。久しぶりのスタメンだったので、結果が出て良かったです」とコメントした。

 試合開始15分で3点を先制した前日に続き、この日は23分の攻撃。日本ハム先発・吉川から3点を奪った。

 両軍ともにCS進出を決めている「CS前哨戦」となったが、リーグ王者・ソフトバンクが強さを見せつけている。