「ヘルシオ ホットクック」

写真拡大

シャープは、業界で初めて、水や火を使わず、健康的な「無水調理」が手軽にできる電気無水鍋「ヘルシオ ホットクック」を2015年11月5日に発売する。

注目の「無水調理」が手軽に

「無水調理」とは、水を使わず、野菜などの食材に含まれる水分を活用した調理方法。食材の持つ栄養素やミネラルを多く残すとともに、食材本来のおいしさを味わうことができる方法として注目されている。

「ヘルシオ ホットクック」はふたの内側に施した円錐の突起「旨みドリップ加工」が食材から出た蒸気を水滴にして鍋の中を循環させるため、旨みを活かした調理が可能だという。

また、手間がかかるかき混ぜや火加減を自動でコントロール。メニューに合わせて最適なタイミングで具材をかき混ぜる「まぜ技ユニット」を搭載したことに加え、センサーが温度や蒸気を検知して火加減を調整。煮物など85種類のメニューから料理を選び食材をセットしておくだけで、分量や加熱状態を見極め自動で仕上げる。

事前に食材をセットしておけば食べたい時間にできあがる「食べごろ予約調理」機能を搭載。設定時間になるまで衛生面に配慮して鍋の中の温度を自動調節する。味のしみ込み加減が難しい煮こみ料理や、こまめにかき混ぜないと焦がしがちなカレーやシチューも手軽に作れるという。

価格はオープン。店頭予想価格は6万円前後。