同製品の性能を示すため、ブースでは加湿器を使って蒸気をハウジングに当て、その効果を見せるというデモ展示が行われていた。蒸気による不鮮明さはあるがレンズは曇っていなかった(撮影:防犯システム取材班)

写真拡大 (全4枚)

 東海光学は、東京ビッグサイトで開催された「センサエキスポジャパン2015」にて、監視カメラのハウジング等の窓が曇ることを防止できる「ITO透明導電膜 ヒーターウィンドウ」の展示を行った。

 屋外で使用する監視カメラなどのハウジングは、気温が低い時に窓が結露して曇ることがあり、セキュリティや防災上、支障をきたす可能性がある。同製品はITO透明導電膜をガラス上に成膜し、通電することで発熱させ結露を防ぐというものだ。

 自動車のリアウインドウなどに使用する熱線デフォッガーと似たような仕組みだが、こちらは熱線ではなく、透明導電膜を使用しており、視界を遮らない。

 また、1時間当たり2〜3Wと少ない消費電力で使用可能で、カメラ用の電源から給電しても問題はない。さらに反対面へ撥水コーティングや反射防止コーティングを組み合わせることもできるなど、利用シーンに合わせた加工を施すことができる。

 対応電圧は12V、24V、100V。標準基板サイズは直径50-70mmまたは50-70mm四方だが、要望に応じて個別対応も可能とのこと。

 監視カメラやレンズ、ハウンジングメーカーへのBtoB向けの製品となる。

■関連リンク
防犯システムNAVIデータベース
防犯システムNAVI