石川遼といったらやっぱり…(撮影:上山敬太)

写真拡大

 国内男子ツアー「ANAオープン」で今季国内ツアー初参戦初優勝を達成した石川遼。最後まで攻め続けてつかんだツアー通算12勝目は、最終日もパー3以外の14ホールで握ったドライバーが鍵となった。
 使用するのはBIG BERTHA ALPHAドライバー。石川は米ツアーの2014-15シーズンでBIG BERTHA ALPHA 815 ダブルダイヤモンド ドライバーや、最新モデルであるXR PROドライバーを使用するなど試行錯誤を繰り返してきたが、シーズン終盤には慣れ親しんだBIG BERTHA ALPHAドライバーに戻している。
 また、石川は10月16日に発売予定の「BIG BERTHA ALPHA 816 ダブルダイヤモンド ドライバー」もテスト中。石川のゴルフを支えるクラブの試行錯誤はこれからも続いていきそうだ。
【石川遼のクラブセッティング(Whats in the Bag)】
1W:キャロウェイ BIG BERTHA ALPHA 8.5°
(シャフト:Tour AD MJオリジナルX /45インチ)
4W:キャロウェイ XR PRO フェアウェイウッド 16°
(シャフト:ツアーAD MJ-7X /42.25インチ)
6W:キャロウェイ XR PRO フェアウェイウッド 18°
(シャフト:ツアーAD MJ-8X /41インチ)
3I:キャロウェイ APEX ユーティリティアイアン 21°
アイアン:キャロウェイ Xフォージド(4〜PW)
AW:Xフォージドニュー・ビンテージ 50°
SW:MAC DADDYツアーグラインド ウェッジ 58°
パター:ODYSSEY DAMASCUS GRAND #9
ボール:SR2.5

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【Gボイス】丸山茂樹が五輪HCに正式決定 では女子のコーチは誰がいい?