土田晃之

写真拡大

20日放送のラジオ番組「土田晃之 日曜のへそ」(ニッポン放送)で、土田晃之が、安倍晋三首相に苦言を呈する一幕があった。

番組では、「ニュースのへそ」と題し、安全保障関連法案の可決をはじめとしたニュースを報道。

土田は「今週もいろいろありましたけど、一番(気になるニュース)はやっぱり安保でしょうね」と切り出し、安保法制についての自身の考えを述べ始めた。

安倍首相の安保法制に対する姿勢について、土田は「安倍さんはもうちょっと国民の人たちに納得できる、『絶対この先戦争は起こりませんよ』ということをちゃんと説明してからじゃないとね。ちょっと焦りすぎ」とコメント。

さらに、土田は「焦ってる感じが、なんかテメエがただ歴史に名前を残したいだけなのかな、みたいな」「おじいちゃん(岸信介元首相)を超えたいんでしょ、あの人」と斬り捨てたのだ。

また、土田は「『俺は憲法いじったんだぜ』くらいには思ってるのかな」と漏らし、戦争が起こらないようにしてほしいと強調して、この話題を締めくくった。

【関連記事】
土田晃之が「あの花」実写化に懸念「ちょっと難しいんじゃないか」
土田晃之 出演番組の打ち上げでスタッフ3人が相次いで盗難被害に
土田晃之 若き日の国分太一がみせた頭の回転力を称賛「本当に賢い」