嵐・大野に熱愛報道! 愛憎、祝福…ヲタの反応5パターン
<ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ>

「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」とは、フィリップ・K・ディックによる有名なSF小説の題名です。

 では、「ジャニヲタはジャニーズと結婚する夢を見る」のでしょうか?

 答え:見ます。

 見ますよ、そりゃ!

 折しも、国分太一さんの結婚報告に続いて大野智さんの熱愛報道もあり、寝た子を起こされた感じのジャニヲタ界であります。どう転んでもひっくり返しがたい“結婚”に比べ、“熱愛”の方はいかようにもなりそうなので、そのぶんヲタもざわめきがち。

 ニュースの受けとめかたも、人さまざまです。よくあるリアクションを、タイプ別に見てみましょう。

◆煙に巻きつつお祭りタイプ

 熱愛報道が出ると、SNSでがぜん張りきるのがこのタイプ。「熱愛とかいって、ただの可愛い大野写真集だった件!」「後ろからニノがついてくるんですねわかります」とか、ひとしきりTLではしゃいだあと、実は静かにため息をついていたりも……。

◆愛憎の名探偵タイプ

 ジャニの過去の言動や画像を掘り起こし、熱愛につながるほころびはないかガサ入れするタイプ。なお、「ファンのみんなのために作った歌」的なものの真のテーマが“彼女のため”だったりすると、憎悪はさらに募ります。

◆聞き分けのいい祝福タイプ

「○○くんもいい大人だし、当然」とか「別に女がいるくらいじゃ離れないから」など、一種の諦観をもってジャニを見守れる人もいます。「結婚してなきゃ、ノーカウント!」くらいのたくましい気概をお持ちのよう。

◆素直にしんみりタイプ

「やだ! 認めたくないよ……!」「つらくて泣きそう」など、正直に悲しみや不快感を表明する人もたくさん。大人になればなるほど本心を露わにしづらくなりますが、ガチで心がズタズタになってる人って、案外いっぱいいるのです……!

◆対岸の火事タイプ

「○○くんに彼女、そりゃいるだろうね」とか、思いっきり人ごとっぽいコメントを発するも、いざ自分の好きなジャニーズが女の子と歩いてた! みたいな話を聞くと、一気に青ざめて黙り込む人も。「明日は我が身」と思っていないと。

 ジャニに熱愛報道が出たときのガッカリ感は、普通の恋愛と同じく「ステキだなと思った人に彼女がいた」際の萎える感じと変わりません。手作りを謳った店が思いっきりレンチンしてた! みたいな失望感と言いますか……。

 そんなわけで、ほとぼりが冷めるまでは、私たちも何かと勘ぐり続ける日が続きそうです。勘ぐってる間に身辺整理などしてもらえるといいですが。

……そういえば、少年隊の歌に「星屑のスパンコール」というのがありました。これは、街角で偶然出会った普通の女性とスターの恋を描いた名曲です。

 ジャニヲタの胸には、いつも星屑のスパンコールがきらめいている。だから、熱愛報道でスパンコールが曇るのは、ものすげー悲しい。

 ジャニのみなさんには、心しておいていただけると嬉しく思います……!

【ARASHI BLAST in Miyagi】
嵐コンサート、ARASHI BLAST in Miyagは、9月23日(水)まで、ひとめぼれスタジアム宮城にて開催中。http://arashiblast2015.com/

<TEXT/みきーる ILLUSTRATION/二平瑞樹>

【みきーる】
ジャニヲタ・エバンジェリスト。編集者&ライター。出版社勤務を経て、2000年に独立。著作に『ジャニヲタあるある+』『ひみつのジャニヲタ』(青春出版社)、『ジャニヲタ談話室!』(イースト・プレス)、『ジャニヲタあるある』『ジャニヲタあるある フレッシュ』『パンダフルワールド』(アスペクト)など。『Gina』(ぶんか社)にて、「だてにジャの世は見てねぇぜ! ジャニヲタ魂!!」連載中。ジャニヲタ歴は、約20 年。グループを問わず応援する”事務所担”。mixiコミュニティ”ジャニーズチケットお見合い処”管理人。Twitterアカウント:@mikiru
●公式ブログ『俯瞰! ジャニヲタ百景』
●イラストレーター二平瑞樹の育児マンガ「にひパパの育児絵日記」
●マスコットキャラクター『クマる君』のLINEスタンプ発売中!