“まる天”の「ちぎり揚げ」(650円)は、玉ねぎ・山菜・竹の子・枝豆が3個ずつ入っている

写真拡大

東北自動車道で東京方面へ向かう際に、最後の休憩ポイントとなる蓮田サービスエリア(SA)上り線。このSAに9月17日(木)と19(土)、新店がオープンする。

【写真を見る】蓮田SA上り線には、新店以外にも飲食専門店がたくさん

17日にオープンするのは“天ぷら弁当どらてん”。かき揚げ丼弁当(500円)や天丼弁当(780円)といった天ぷら弁当の販売店で、天ぷらは単品でも買うことができる。天気が良ければ外や車内で食べるのにいいかもしれない。

一方19日には、伊勢志摩で生まれた磯揚げの名店“まる天”がオープンする。厳選された素材と原料で作った揚げ物は絶品。「ちぎり揚げ」(650円)や「ほたてマヨ棒」(370円)が特におすすめだ。

なおどちらの店舗でも、オープン日に限り特別サービスを実施。天ぷら弁当どらてんでは、先着100名で、弁当類にお茶が付いてくる。片やまる天では、先着50名様に「子持ち昆布の佃煮」100gパックをプレゼントするという。

どちらも9時から21時の営業となるが、閉店ぎりぎりまで特典が残っているとは考えづらい。せっかく立ち寄るのであれば、お得なキャンペーンを活用したいところだ。【東京ウォーカー】