ルイス・ファン・ハール監督が期待を寄せるGKダビド・デ・ヘア【写真:Getty Images】

写真拡大

 マンチェスター・ユナイテッドを率いるルイス・ファン・ハール監督が、移籍破談後に調子を取り戻しつつあるスペイン代表GKダビド・デ・ヘアを称賛した。21日の英紙『デイリー・スター』が報じている。

 今夏にレアル・マドリーへの移籍が破談したデ・ヘアだが、プレミアリーグ第5節のリバプール戦で出場して以降、第6節のサウサンプトン戦とチャンピオンズリーグ(CL)のPSV戦でGKセルヒオ・ロメロに代わって先発で守護神を務めていた。今月に入って契約延長も発表され、復調し始めたデ・ヘアはファン・ハール監督の信頼も勝ち取っているようだ。

「デ・ヘアのプレーは素晴らしいね。彼の残留は、とても素晴らしいことで満足している。レアル・マドリーに移籍させたくなかった理由がここにある」

 ユナイテッドは20日にサウサンプトンと試合を行ったが、お互いにゴールを奪い合う点の取り合いとなっていた。デ・ヘアがファインセーブで決定機を阻止するなどして2失点におさえ、高パフォーマンスを見せた活躍もありユナイテッドは3-2で勝利している。今夏に大きな問題に巻き込まれたデ・ヘアだが、徐々に存在感を発揮しているようだ。

text by 編集部