「天国と地獄」を見た川又三智彦・前ツカサグループ代表

写真拡大

「♪よん・よん・まる・まる・わん・わん・わん。ツカサ〜のウィークリーマンションっ♪」

 バブル全盛期の1980年代後半、軽快なリズムに乗ったフレーズで話題になったテレビCMがあった。「思いつきで作ったCMなんですが話題になっちゃって」と苦笑いするのは、川又三智彦・前ツカサグループ代表だ。

 1990年頃には都内に4000室ものウィークリーマンションを抱え、米経済誌『フォーブス』で世界の富豪として取り上げられたこともある。

「さまざまな理由で短期間だけ住みたいという入居者は多いのに、その受け皿がなかった。当時はイケイケで、銀行からお金を借りて次々とマンションを購入した。逆に銀行から“この物件を買ってください”と借金とセットで話が回ってくる(笑い)。不動産の所有数が増え、資産は3000億円を超えました」

 当時、敏腕経営者として名を馳せた川又氏は、著名経営者でないと参加できない勉強会のメンバーに入っていた。そこでよく議論をしていたのが、現ソフトバンク社長の孫正義だった。
 
「当時はまだ僕のほうがビッグネームでしたよ。今は全然相手にしてくれないでしょうがね(笑い)。

 覚えているのは勉強会で僕が、“これからはお金を借りてマンションを買えば、何もしないでも値段が上がる。借金してでも不動産を買え”という話をした。すると孫さんは、“不動産を株に替えても同じだ”と力説し始めた。彼は今それを現実にしているからすごい。僕はというと……1990年代前半以降は借金地獄に陥った」

 バブル崩壊後は地価下落が進み、資産は10分の1にまで落ち込んだ。1999年、ウィークリーマンションの経営権を米投資会社・リーマン・ブラザーズに譲渡。その後、リーマンが破綻するなど紆余曲折があり2009年に会社を清算。自身も830億円の負債を抱えて自己破産した。

 まさに天国から地獄。だが本人の表情は清々しい。

「大きなお金を動かし続けている人は、毎日大きなプレッシャーと戦っている。僕はお金も友達も失ったけど、今のほうが幸せです。長者番付に何年も載り続ける人の精神力はすごいと思う」

 現在は福島県に生活拠点を移し、昭和30年代の町並みで町おこしを行なう「会津昭和30年代村企画株式会社」を設立。

「住居は会社の倉庫。自分でブルドーザーも運転します。どれだけ働いても、もう長者番付に載ることはないだろうけど、楽しいですよ」

撮影■ヤナガワゴーッ!

※週刊ポスト2015年9月25日・10月2日号