シルバーウィークはこの1冊を読んで人生を変える!星座別・秋の読書案内

写真拡大

待ちに待ったシルバーウィーク。レジャーの予定を入れている人も多いかもしれないけれど、もしも特に予定がないなら、“人生を変える読書”に時間を使ってみては? 西洋占星術研究家でアロマセラピストの登石麻恭子さんによると、「今週、本から得た知識は、その後の人生の発展や夢の実現に大いに役立ちます」とか。

「“資質”を表す土星に、“読書”や“勉強”の意味を持つ射手座と、“未来”や“夢”などの意味を持つ海王星が影響を与えているタイミング。それなので、この時期に読書をすると、夢を叶えるために役立つ資質を身につけることができるのです」(同)

では、どんな本を読んだら人生が変わるのか、星座別におすすめの本のジャンルをご紹介!
◆火の星座(牡羊座、獅子座、射手座)

火の星座はこの先2年ほど、外国に関する仕事をしたり、外国人と知り合う機会が増えたり、海外の文化への興味が芽生えたり、とライフスタイルがグローバル化する傾向が。その結果、仕事やプライべートに、新しい可能性が見えてくるはず。そこで、この時期の読書におすすめしたいのは、外国のマナーやしきたり、生活習慣が学べる本。こうした本から得た情報が、外国人とのコミュニケーションで起こりがちな失礼な言動の予防につながる。結果、グローバルな人脈を得て、大きなチャンスに恵まれそう。

◆土の星座(牡牛座、乙女座、山羊座)

人の気持ちを読み取るのが苦手な土の星座は、この時期にぜひ、心理学系のノウハウ本を読んでみて。相手の表情や態度、しぐさから心理を読み取るコツや、相手の気持ちを上手にコントロールする方法について書かれた本を読むと、目の前の相手に対して「この人は今、私にこうしてほしいはず」といった心理戦を交えてコミュニケーションが取れるようになるはず。人間関係で優位に立てるようになって、将来的にリーダー的な立場を任されるように。

◆風の星座(双子座、天秤座、水瓶座)

もともと情報収集力が高い風の星座だけれど、この時期の読書でその長所をさらに伸ばすことができる。特にネットでの検索方法に関する最新テクニックが書かれた本や、ネットマーケティングの入門書などで知識を得ると、人よりも一歩早く情報を見つける力が付いて、周囲から厚く信頼されるように。その高い情報収集力で集めた有用な情報を発信する力もやがて備わって、多くのフォロワーやサポートしてくれる人を集められるように。将来、強力な武器となるはず。

◆水の星座(蟹座、蠍座、魚座)

目上の人に対して従順で献身的な水の星座は、上司から頼まれた仕事はきちんとこなすものの、どこかで「やらされている」という気持ちが付きまとっているのでは? この時期に経営者が書いた本を読むと、そんな気持ちが薄らいで、仕事に対するモチベーションが高まる。経営者の本と言っても、軽いエッセイ風のものでOK。特に、女性ならではの働き方やリーダーシップの取り方などに共感できる、女性経営者の本がおすすめ。経営者の視点を学んだら、仕事をする意味を大局的につかめるようになって、仕事に対して大きな夢を抱くことにもつながる。

シルバーウィークは、あなたの“人生を切り開く1冊”を手に取って、読書の秋をぞんぶんに楽しんで。

登石麻恭子
西洋占星術研究家、英国IFA認定アロマセラピスト、日本アロマ環境協会認定アロマテラピーインストラクター。『魔女の手作り化粧品』(ワニブックス)、『魔女のアロマテラピー』(INFASパブリケーションズ)などの著作があるほか、日本初の12星座別アロマコスメ「Magical Mystery Aroma(マジカルミステリーアロマ)」のブレンド監修も担当。

★★お知らせ★★
登石さんがブレンド監修をしている12星座別アロマコスメ「Magical Mystery Aroma」を活用した恋愛運アップメルマガ「365日の恋魔術」をほぼ毎日配信中。毎日の恋愛運アップに役立ててみて。登録は「365日の恋魔術」で検索、または以下のサイトから。
https://88auto.biz/mm-aroma/touroku/entryform2.htm