セビージャのウナイ・エメリ監督【写真:Getty Images】

写真拡大

 ヨーロッパリーグ王者として臨んだ今季、開幕から絶不調でリーグ最下位に沈むセビージャ。先週末も20日に行われたセルタ戦に敗れて未勝利が続いている。

 しかし、ウナイ・エメリ監督はこの状況を悲観していないようだ。スペイン『マルカ』紙などがセルタ戦後のコメントを伝えた。

「選手たちの努力が欠けているとは思わない。我々には欠場者が多すぎるんだ。負傷者がいてチームが完成していない」

 エメリ監督が語る通り現在ダニエウ・カリーソ、アディル・ラミ、ニコラス・パレハといった守備陣に多くの負傷者を抱えており、チーム状態は万全でない。それだけにもどかしい戦いが続いている。

 一方で新加入のフェルナンド・ジョレンテがセルタ戦で初ゴールを挙げるなど復調の兆しも見え始めている。エメリ監督も「(後半は)同点にするチャンスがあった」と拙攻を悔やんだ。

「昨季からの進化は非常に難しいだろう。だが今の我々にはいろいろな要素が欠けている。懸命な努力が必要になるが、私はチームに満足している」

 昨季からチームの顔ぶれが大きく変わり、組織の再構築が急務になっているセビージャは本来の強さを取り戻して復活できるだろうか。知将と評されるエメリ監督の手腕が問われそうだ。

text by 編集部