“梨”の美味しい季節ですよね。梨は90%程度が水分で、栄養はあまりなさそうに見えますが、実はアスパラギン酸やカリウム、食物繊維といった栄養豊富な果物。今回は疲労回復に効果があるアスパラギン酸の働きに注目です。

栄養ドリンクにも入っている“アスパラギン酸”とは?

アスパラギン酸はアスパラガスから発見されたことからその名前が付けられた成分で、人間の体内でも合成できる非必須アミノ酸に分類されます。疲労回復に効果的と言われるのは、アスパラギン酸がたんぱく質の代謝を促して、エネルギーを産出する働きを持つことからです。また、体内でグリコーゲンが不足するとエネルギーの産出ができなくなってしまいますが、アスパラギン酸はグリコーゲンの産出にも関わっています。運動の後や、体力を消耗した時に、水分補給も兼ねて梨を食べると効果的なのです。

毒素を排出するデトックス効果もある

アスパラギン酸の働きはそれだけではありません。アスパラギン酸には、体内の毒素であるアンモニアを尿に合成して排出する働きもあるのです。体内で発生したアンモニアは、スムーズに尿として排出されない場合、毒性を持って中枢神経にダメージを与えます。このアンモニアを排出するのにアスパラギン酸が有効なのです。カリウムの利尿作用との相乗効果で二日酔いにも効果的なので、試してみてください。

食物繊維が豊富で便秘対策にもなる

梨の果肉はざらざらしていますが、これは石細胞という食物繊維の一種です。便を柔らかくするソルビトールも含まれているので、便秘対策にも効果的です。ただし、体を冷やす効果もあるので、冷え症の方は食べ過ぎには注意しましょう。

実は梨の効果的な食べ方があるんです

タンパク質の消化を促進する働きがある梨は、肉料理と一緒に食べるのがおススメです。消化に時間のかかるタンパク質も梨と一緒に食べれば、腸の負担が軽減することに。また、梨の栄養素は皮の部分に多く含まれています。梨を食べるときは皮を捨ててしまうと思いますが、実はもったいない食べ方なのです。皮も一緒に食べるようにすれば、梨の栄養素を余すことなく摂取することができます。


writer:岩田かほり