福島良一●解説 analysis by Fukushima Yoshikazu  photo by AFLO

 レギュラーシーズンも残り20試合を切り、両リーグともに地区優勝争いが佳境となってきました。田中将大投手の所属するニューヨーク・ヤンキース(80勝66敗)は9月18日現在、ア・リーグ東地区首位のトロント・ブルージェイズ(85勝62敗)と4.5ゲーム差。ワイルドカード争いでは1位に立っているものの、プレーオフ進出に向けて気の許せない状況です。

 そんなヤンキースを牽引する田中投手の評価について、今シーズンは昨シーズンと比べてネガティブな報道を目にすることが多々ありました。「防御率が昨年の2点台から3点台になった」「ホームランを多く打たれている」など、昨シーズンより成績を落としているという内容です(2014年=13勝5敗・防御率2.77・被本塁打15本/2015年=12勝7敗・防御率3.38・被本塁打24本)。ただ、個人的に今シーズンの田中投手のピッチング内容は、もっと評価されるべきだと思っています。

 今シーズン、田中投手は開幕前から厳しい環境で投げざるを得ませんでした。まずは、「2年目のジンクス」というプレッシャーです。もともとアメリカで使われるようになったその表現は、デビュー1年目で好成績を挙げたルーキーが2年目に調子を落としたとき、よく引用されます。

 特に多いのは、ピッチャーのケースでしょう。ピッチャーは相手チームに球種などを研究されることが多く、バッターの目も球筋に慣れてくるからです。その結果、鮮烈なデビューを果たしたものの、2年目になると急に成績を落とす傾向があるのです。

 しかも田中投手は今シーズン、右ひじの問題を抱えていました。昨シーズン半ばの7月、右ひじじん帯の部分断裂が判明。しかしながら、田中投手は手術を回避する選択をしました。その代わり、ひじの負担を少しでも軽くするため、新しい投球スタイルに取り組み、今シーズンを迎えることになったのです。

 ところが4月28日、田中投手は右手首の炎症と右前腕部の張りによって、故障者リスト入りとなりました。このニュースが報じられたときは、誰もが右ひじの故障が再発したのかと不安になったものです。結果的にひじの箇所は問題がなく、今のところ再発もしていません。ただ、その不安を抱えてのシーズンであることは間違いないでしょう。

 さらに田中投手にとって厳しさが増したのは、名門ヤンキースのエースとしての立場でしょう。それまでは絶対的なエースとしてCC・サバシアが君臨し、ベテランの黒田博樹投手もチームメイトでした。しかし昨年オフ、黒田投手は広島へと帰り、サバシアはケガ続きで精彩を欠いています。

 その結果、開幕投手はメジャー2年目の田中投手に託されることになりました。新しい投球スタイルを模索している最中であろうとも、ファンは田中投手に「エースとしての役割」を求めます。ニューヨークという街のプレッシャーはすさまじく、メジャーでもっとも実力を発揮するのが難しいと言われています。そんなさまざまな環境の変化のなか、田中投手はメジャー2年目をスタートさせました。

 しかし、厳しい状況の2シーズン目でも、特筆すべき点は多々あります。まずは、先発投手にとって大事なローテーションをきっちりと守っている点です。シーズン序盤、田中投手は1ヶ月ほど故障者リストに入っていましたが、復帰した6月以降は基本的に中5日のペースで投げています。

 それに加えて今シーズンは、きちんとゲームを作っているところも素晴らしいと思います。6月3日の復帰以降、19試合に先発登板していますが、そのうち17試合で6イニング以上を投げています。また、さらにその17試合中15試合で3自責点以内――すなわち、クオリティスタートという結果を残しているのです。このように、先発投手としての役割をきっちりと果たしている点は見逃せません。

 防御率に関しても、月日を追うごとに徐々に改善されてきました。6月の防御率4.35に対し、7月(3.67)、8月(3.18)、そして9月(2.30)と、どんどん数字は良くなっているのです。

 ヤンキースの所属するア・リーグ東地区は、ブルージェイズを筆頭に強力な打線を擁するチームばかり。この地区で良い防御率を残すのは、容易なことではありません。実際、ヤンキース先発陣の防御率を見ても、14勝(3敗)のネイサン・イオバルディが4.20、10勝(8敗)のマイケル・ピネダが4.25、6勝(8敗)のイバン・ノバが5.11、4勝(9敗)のサバシアが4.93と、すべて田中投手より悪い数字なのです。

 本来ならばシーズン後半になると、ピッチャーの防御率は悪くなります。真夏に疲れたピッチャーは球威が落ち、気温の上昇とともに空気の密度が減少してボールも飛ぶようになるので、夏場以降はピッチャーに不利と言われています。しかし、田中投手がシーズン後半でも安定したピッチングを披露しているのは、まさしくエースとしての役割を十分に果たしている証拠ではないでしょうか。

 また、「被ホームラン数が多い」という指摘についても、一概に悪いとは言い切れないと思います。たしかに数字だけ見ると、昨シーズンの被本塁打数15本に対し、今シーズンはすでに24本。ところがその内容を見ると、ほとんどがソロホームランなのです。24本のうち19本がソロホームランで、残り5本がツーランホームラン。つまり、ホームランによる失点は合計29点で、本数の割に多くありません。

 本拠地ヤンキースタジアムはホームランの出やすい球場として有名ですが、被本塁打24本のうちロードで打たれたのは、わずか8本。大事な場面で打たれておらず、ホームランで負けたという試合もほとんどありません。ランナーを背負ったシーンでホームランを打たれていないという点は、もっと評価されるべき内容だと思います。

 ちなみに負け数についても、「今年は多い」という報道がありましたが、今シーズンは現在12勝7敗で勝率.631。昨シーズンの勝率.722(13勝5敗)は驚異的な数字ですが、メジャーでの目安として先発投手の勝率が6割以上なら一流と評価され、6割5分以上になれば超一流と呼ばれます。田中投手の負け数が多いという指摘は、少し厳しすぎるのではないでしょうか。

 そして最後に注目してもらいたいのは、今シーズンの球速です。開幕前、田中投手は新しい投球スタイルに取り組むため、「球速に関しては聞かないでください」という発言をしました。そのため、球速が落ちていると思っている方もいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。昨シーズンの速球の平均時速が91.2マイル(約146.7キロ)だったのに対し、今年8月のデータでは91.7マイル(約147.5キロ)。つまり、ほとんど変わっていません。

 メジャー2年目、エースとしての立場、新しい投球スタイル、ア・リーグ東地区という環境......さまざまな要因から考えてみると、今シーズンの田中投手はもっと評価されるべきだと思います。厳しいシーズン終盤を乗り越え、ぜひともプレーオフに出場してほしいと願っています。