アメカジレストランで話題の看板豚「スリー」

写真拡大

 この夏、大阪・南船場界隈であるレストランが話題になった。アメリカンカジュアルな店構えに心ひかれて2階への階段をあがっていくと…なんと、体重80kgのミニブタ、スリーちゃんが、お出迎えしてくれるのだ。

「いらっしゃいませ! 当店は『食へのこだわり』と『ユニークなお店づくり』がコンセプト。ま、ボクがいることが最大の“ユニーク”でしょうね(笑い)」

 現在3才のスリーくん、これまでも福島区郊外のレストランで看板豚を務めてきたので、接客は慣れたもの。キュートなお尻を振りながら席に案内してくれる。

「新しいお店に移ってなにが嬉しいって、ボク専用のお部屋ができたこと! 2階にはエレベーターに乗ってあがるんだよ」

 子ブタ時代は自由にお店の中を歩き回って、お客さんが足元に落としたパンなどをもらっていたスリーくん。しかし体が大きくなるにつれて問題が出てきた。

「ついつい、テーブルの上のご馳走が欲しくなっちゃうんだよね〜。それに、力も強くなってきたから、うっかり飛びついてお客さまにケガでもさせたら大変!ってことで、オーナーが個室を用意してくれたんだ」

 オーナーご夫婦を「パパ、ママ」と慕い、オフタイムには甘えん坊の息子に戻るスリーくん。慣れない都会暮らしも、家族3人一緒なら楽しいよね!

 人なつこくて、きれい好き、頭もいいミニブタは最近ペットとしても大人気。

 しかしミニブタという種類はなく、小柄なブタ(100kg以下)をミニブタと呼ぶ。

【プロフィール】
◆名前:スリー ♂
◆年齢:3歳
◆種類:ブタ(ミニブタ)
◆勤務先: California Diner HENRY
◆職種:営業・接客業
◆主な仕事内容: 「ブタがいるレストラン」として、HENRYが注目を浴び、お客さまがたくさん来てくださるようにすること。
◆お給料: 野菜、玄米、ときどきパン!
◆好きなこと : 食べること。パパやママのお膝にアゴを乗せて甘えること。
◆嫌いなこと :階段の上り下りが怖い。お風呂に入るとき最初にかけられるシャワーが苦手。
◆現在の悩み: 引っ越しをしたばかりで、まだ大好きな土遊びができる公園が見つからないこと。
◆将来の夢:いつか、自然が豊かな場所で一軒家レストランかペンションをやりたい!

※女性セブン2015年10月1日号