レッドブル社とパートナー契約を締結したセレッソ大阪【写真:Getty Images】

写真拡大

 明治安田生命J2リーグのセレッソ大阪は21日、エナジードリンクで世界トップシェアを誇るレッドブル・ジャパン株式会社(レッドブル社)とのトップパートナー契約締結を発表した。

 レッドブル社はオーストリアに本社を置く飲料メーカーで、南野拓実や奥川雅也が所属するレッドブル・ザルツブルクやメジャーリーグ・サッカー(MLS)のニューヨーク・レッドブルズを所有しており、ユース世代の育成に力を入れるなどサッカー界と関わりの深い企業として知られていた。どちらのクラブもエンブレムにレッドブルのロゴが使用されている。

 セレッソ大阪はクラブのオフィシャルサイトを通じて「世界で戦えるクリエイティブでタフなプレーヤー」の育成を応援するとコメントを残している。

 レッドブル社がトップパートナーとなったことで、セレッソ大阪の選手やスタッフがレッドブル・エナジードリンクをオフィシャルエナジードリンクとして利用できるようになった。世界的な企業のサポートを受け、セレッソ大阪はどのように発展を遂げるのだろうか。

text by 編集部