香川真司が、試合を決定付けた【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

スカウティング通りの先制アシスト

 ブンデスリーガ第5節。ドルトムントはホームでレバークーゼンと対戦して3-0で勝利。香川真司は先制点をアシストし、2点目を自ら決めた。難しい一戦となることも予想された中での快勝を遂げたチームの中心には紛れもなく香川がいた。

----------

「プレッシング」を軸とする2チーム同士の対戦は、ゲームの密度=強度を極めて高いものとした。ボルシア・ドルトムントの監督トーマス・トゥヘルは、前半について「信じられないぐらいインテンシティの高い45分間だった」と振り返っている。

 2015年9月20日のブンデスリーガ第5節、ドルトムントはホームにレバークーゼンを迎えた。今季のチャンピオンズリーグに出場しているチームについて、香川真司は「今までとは違うチーム」と感じる。「プレッシング」と「球際」が激しく、「なかなかリズムが特に前半は出にくかった」。

 それでもドルトムントは3日前のクラスノダール戦に比べて、プレスの連動と連携が改善されていた。GKビュルキは「この前の試合とは対照的に、今日は僕らのゴールが脅かされる数は少なかった」と語る。

 9分、ギュンドアンからバイグルへのパスを、クラマーがカットして、そのままチチャリートに繋げようとする。しかし、ソクラティスとフンメルスは、しっかりとカウンターの芽を摘むいだ。

 絶え間ない集中と判断、肉体への負荷??。ホフマンは「僕らはレバークーゼンが獰猛なプレッシング・ゲームをしてくると知っていた」と言う。そしてホフマンの言う「僕ら」=ドルトムントが知っていたのは、それだけではなかった。 

 14分。香川が右サイドのギンターに大きくサイドチェンジ。BVBはレバークーゼンの左サイドを突いた。前方のホフマンに繋いだボールがエリア内に折り返される。走り込んだ香川が落とす。ギュンドアンがミドルを打つ。枠の左に外れる。

 香川は「試合前から空くっていうのは分かっていた」と言う。BVBはスカウティングで、レバークーゼンの左サイド後方が空くことを知っていたのだ。

タフな一戦の中で輝いた香川

 18分。ドルトムントがカウンターを繰り出す。香川は、左SBウェンデルの裏にロングボールを送る。ホフマンはGKレノを交わして、ゴールに流し込んだ。1-0。ホフマンは「1-0のリードを奪うことは極めて重要だった」と言う。

 20分にチチャリートが抜け出したようなカウンターを警戒しつつ、プレッシャーの中でドルトムントはパスを繋ごうとする。ポゼッションを高めながら、シュートチャンスを伺っていく。

 そして58分。香川真司が、試合を決定付けた。ホフマンの右サイドからの折り返しを、ギュンドアン、ムヒタリヤンと繋いで、最後はエリア内の香川へ。
 DFの寄せは早い。

「余裕がなかったので、強いシュートを打てなかったですし、だからもうトラップしてすぐシュートっていうのを意識してました」

 瞬間的な集中と判断だった。ボールは“コロコロ”とゴールの右隅に転がっていった。2-0。

 香川のゴールを、ホフマンは「敵のやる気を挫いたね」と振り返った。

 60分以降について、トゥヘルは「我々は完璧なゲームのコントロールを奪還した。ファンタスティックなパフォーマンスを行った」と振り返った。

 72分、またもレバークーゼンの左サイド後方ーー。ウェンデルが突破するギンターを倒す。主審がペナルティスポットを指す。オーバメヤンが決める。3-0。

 変わらずドルトムントはコンセプトを貫き、レバークーゼンに3-0で勝利した。それはスコアの上では快勝に見えるが、タフな試合だった。香川も「すごく緊張感のある試合」と感じた。

 そして何よりレバークーゼン戦の中心には、香川の躍動があった。「獰猛なプレッシング・ゲーム」を制した、香川の1G1Aだった。

text by 本田千尋