<ソルハイムカップ 最終日◇20日◇ザンクト・レオン=ロートGC(6,453ヤード・パー71)>
 米欧対抗戦『ソルハイムカップ』最終日。2日目の未消化プレーを終えた段階で欧州チームが米国チームに4ポイント差をつける展開だったが、シングル戦で米国チームが全12戦中、8勝3敗1分と勝利を積み重ね、大逆転で3大会ぶりの制覇。敵地・ドイツでのこの勝利で米国チームは通算対戦成績を9勝5敗とした。
【最終日のシングルス戦対戦成績】
L・トンプソン(米国)VS C・シガンダ(スペイン)引き分け
M・プレッセル(米国)VS C・マシュー(スコットランド)2UP
C・イシャー(フランス)VS B・リンシコム(米国)3and2
M・レイド(イングランド)VS B・ラング(米国)2and1
A・リー(米国)VS G・ノセラ(フランス)3and1
G・ピラー(米国)VS C・マッソン(ドイツ)1up
A・ノルドクビスト(スウェーデン)VS S・ルイス(米国)2and1
L・サラス(米国)VS A・ムニョス(スペイン)3and1
A・スタンフォード(米国)VS S・ペターセン(ノルウェー)2and1
C・カー(米国)VS C・ハル(イングランド)3and2
M・ウィー(米国)VS C・ヘドバル(スウェーデン)6and4
P・クリーマー(米国)VS S・ガル(ドイツ)4and3
※最終スコア 米国チーム(14.5)-(13.5)欧州チーム
<ゴルフ情報ALBA.Net>