かながわ旅行券購入者必見!あの「一の湯」が1泊2食付1万円から宿泊可能に

写真拡大 (全2枚)

一の湯は、「かながわ旅行券」の利用者向けに、お得に宿泊できる旅行券だけで支払いが済むプランの販売を9月17日(木)より開始した。1万円・1万5000円・2万円の宿泊プランで箱根観光の促進を目指す。

一の湯は、箱根で温泉旅館をチェーン展開しており、塔ノ沢一の湯本館・キャトルセゾン・一の湯新館、仙石原はたご一の湯・品の木一の湯、姥子温泉芦ノ湖一の湯、仙石高原大箱根一の湯、強羅一の湯の8つの温泉旅館を運営している。

かながわ旅行券は、国の地方創生交付金を利用した、神奈川県のふるさと旅行券事業で神奈川県内の宿泊施設で宿泊代に使える旅行券だ。額面は1万円で販売額は5000円となっている。利用ができるのは9月26日(土)から2016年2月29日(月)宿泊(翌日チェックアウト分)までとなっている。なお、一部、平日と年末年始は対象外となる。また、強羅一の湯は11月30日(月)までとなっている。1万円・1万5000円・2万円の宿泊プランになったのは旅行券からつり銭支払いができないためだ。

申込方法は、宿泊日の2日前までに一の湯公式サイト特設ページにアクセスして手続きをすることになっている。そのときには旅行券番号が必要だ。

予約は計画を立てた段階で早めにされることを強くおすすめしたい。