『MCR-B043』

写真拡大

ヤマハは、カジュアルなデザインと多彩なカラーで好評のBluetooth対応マイクロコンポーネントシステム「MCRシリーズ」の最新モデルとして、「MCR-B043」を2015年10月上旬に全国で発売する。

YDS-1などの名車を再現

「MCRシリーズ」は、CDやUSBの音楽再生やFM/AMラジオ視聴が可能なほか、パソコンなどに接続できるAUX-IN端子を搭載し、幅広い音楽ソースを手軽に楽しめる Bluetooth対応のマイクロコンポーネントシステム。

今回は、ヤマハ発動機の協力のもと、バイクを想起させるディテールをデザインのアクセントに採用した。トップパネルの装飾はエンジンのフィンを、音量調整ノブはラジエターキャップをモチーフにしている。カラーは、落ち着きのあるホワイト、ブラック、レッド、オレンジの4色と、それぞれ実在するヤマハバイクのボディカラーをイメージし、オレンジにはスポーティなストライプも施されている。

奥行に余裕を持たせたキャビネットと11cmフルレンジスピーカーを採用し、パワフルな低音とクリアな中高音を実現しているほか、ボリュームコントロールの構成を見直すことでノイズレベルも低減しているほか、スマートフォンやタブレット内に保存した圧縮音楽ファイルをよりダイナミックに再生することも可能だ。

また、都市部におけるAM放送の難聴取対策や災害対策などを目的に、ノイズや電波障害によりAM放送が受信しにくい地域でも、AM局の放送番組をFM補完放送で快適に聴取できる「FM補完放送」にも対応している。