“白黒ギョウザドッグ”に“悪役ショー”!ハロウィーンの東京ディズニーシーはコワ楽しい
 カボチャでいっぱいに飾られて可愛らしい東京ディズニーランドとは一転、東京ディズニーシーのヴィランズ(悪役たち)が主役のクールなムード……。

 ちょっぴり怖い、この秋のパークで楽しむべきポイントを紹介します。景観が素晴らしいと定評のある大人のテーマパーク。歩くだけでも非日常空間にどっぷり浸れるので、気持ち良い季節はお散歩がてらに出かけても◎!

◆まずは白黒の「ギョウザドッグ」をゲット

 東京ディズニーシーの名物ともいえるギョウザドッグ。こちらは「101匹のワンちゃん」に登場する非情な女「クルエル・ビル」をイメージして、期間限定の白黒になっています。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=352898

 味はいつも通り、肉汁溢れるギョウザの味なのでご安心を。包み紙は可愛らしい黒ぶち柄です。通常でも行列は必至なので、こんな限定バージョンになったらファンは殺到するはず。入園したら最初に目指すのがお勧めです。(販売店舗:リフレッシュメント・ステーション)

◆来年終了の「ストームライダー」は今乗っておきたい

 飛行マシンに乗り込んで、嵐を消滅させに行こう! という体験型の人気アトラクション「ストームライダー」。乗車中に雨が降ってきたり、ライドが揺れたりとスリル気分が味わえるとファンも多かったのですが、2016年5月に終了すると発表がありました……。

 オープン当初からあるアトラクションですから、記憶がある人も多いと思います。「へ、まだ来年の話でしょう?」と侮ってはいけません。終焉が近づくにつれて、最後に乗っておこうというゲストが増えるので、今のうちに楽しんでおくのがツウなのです。

◆「ザ・ヴィランズ・ワールド」のスケールに圧倒される!

 ヴィランズが開催するハーバーでのパーティーに招かれるのは、ディズニーの仲間たち。5隻の船に乗ったそれぞれのヴィランズが自分たちの魅力をアピールします。そのNo.1を飾るのが『眠れる森の美女』に登場するマレフィセント! 実写版の映画にもなりましたよね。

 そして、『アラジン』のジャファーの姿も。

 このショーの何がスゴいって、出演者数が120名という豪華さ! この人数が一度に踊るシーンは圧巻です。

 ちょっと怖ささえ感じさせてくれる音楽が、悪役たちの登場を盛り上げてくれます。今までのディズニーの世界観とはまた違った情景が楽しめますよ。

 もちろん、お馴染みのキャラクターも出てきてくれるんですけどね。

◆黒いカリーと赤いナンで食事もおどろおどろしく……

 邪悪な大臣・ジャファーをイメージしてつくられたカレーは、なんと黒色! そして、ナンは赤色!

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=352796

 おそるおそる食べてみると、黒いカレーはテーマパークにしては思い切った感じの辛さです。うん! 辛い! 見た目も楽しめるセットは10月31日(土)までの限定販売です。(販売店舗=カスバ・フードコート)

◆突然現れるヴィランズたちのショーを楽しもう

 パーク内には、ふと現れてミニショーを繰り広げる、アトモスフィアショーがいくつか行われています。普通の道ばたをステージにしているので、ゲストと目線も同じで見やすいところがポイント。

 アラビアンコーストで行われる「カスバ・マジックストリート」では、ジャファーの手下たちがタイトル通りマジックを披露してくれます。もちろん、ジャファーご本人も登場。

 レストランで食事をしていると、いきなりテーブルに現れて、マジックでゲストを楽しませてくれるパターンも!

 ※マジック開催の店舗:カスバ・フードコート、セイリングデイ・ブッフェ

 また、「ヴィランズ・ハロウィーン・パーティー」では、ショーにゲストを指名。ヴィランズの世界にゲストを連れていこうとします。(開催場所:アメリカン・ウォーターフロント)

 そして、ゲストのファッションチェックをして、ヴィランズにふさわしいスタイルに仕上げてくれるショーもあります。

 これ当てられると結構テンションが上がるんですよね。勇気のある方はぜひ挙手を!

<TEXT/女子SPA!編集部>

(C)Disney
※掲載している写真はイメージです。商品、フードは品切れになる場合があります。