『職業としての小説家 (Switch library)』村上春樹 スイッチパブリッシング

写真拡大

 35年にも渡り、第一線で活躍し続け、その作品の数々は国内のみならず、海外においても広く親しまれている、作家・村上春樹さん。

 雑誌『MONKEY』での連載を収録した1〜6章に加え、書き下ろしの7〜11章、そして河合隼雄さんについての講演原稿の全12章からなる、本書『職業としての小説家』は、積み重ねてきた日々の経験をもとに、"小説を書く"ということについて真摯に綴った自伝的エッセイとなっています。

「書き下ろしの長編小説を書くには、一年以上(二年、あるいは時によっては三年)書斎にこもり、机に向かって一人でこつこつ原稿を書き続けることになります。朝早く起きて、毎日五時間から六時間、意識を集中して執筆します。(中略)毎日だいたい一時間は外に出て運動をします。そして翌日の仕事に備えなす。来る日も来る日も、判で押したみたいに同じことを繰り返します」(本書より)

 日々の執筆の様子について、上記のように述べる村上さんですが、本書では、実際に小説を書く際に生じてくるさまざまな問題についての、興味深い考察がなされていきます。

 たとえば、小説におけるオリジナリティーについて。村上さんは、その条件として次の三点をあげています。

⑴ ほかの表現者とは明らかに異なる、独自のスタイル(サウンドなり文体なりフォルムなり色彩なり)を有している。ちょっと見れば(聴けば)その人の表現だと(おおむね)瞬時に理解できなくてはならない

⑵ そのスタイルを、自らの力でヴァージョン・アップできなくてはならない。時間の経過とともにそのスタイルは成長していく。いつまでも同じ場所に留まっていることはできない。そういう自発的・内在的な自己革新力を有している

⑶ その独自のスタイルは時間の経過とともにスタンダード化し、人々のサイキに吸収され、価値判断基準の一部として取り込まれていかなくてはならない。あるいは後世の表現者の豊かな引用源とならなくてはならない

(※サイキ...精神のこと)

 村上さん自身は、処女作『風の歌を聴け』執筆の際、自らの文体を生み出すために、一度書いた文章を、英文に書き直していったそうです。すると、自身の知っている限られた数の英単語や構文を用いるため、次第に文章は「できるだけシンプルな言葉で言い換え、意図をわかりやすくパラフレーズし、描写から余分な贅肉を削ぎ落と」したものに。そして、その英文を再び日本語に翻訳していったところ、独自の文体、文章のリズムを発見したのだといいます。

 小説との向き合い方を通して、村上春樹さんの生き方、考え方そのものまでもが伝わってくるといっても過言ではないほど、その核なるところが凝縮された一冊となっています。