2ゴール1アシストを決めたメッシ【写真:Getty Images】

写真拡大

【バルセロナ 4-1 レバンテ リーガ 第4節】

 スペイン・リーガ・エスパニョーラ第4節が現地時間の20日行われ、バルセロナはホームでレバンテと対戦した。

 ラフィーニャがチャンピオンズリーグ(CL)ローマ戦で負傷した影響で、バルセロナは右ウイングに20歳のムニルを選択。今季リーグ初出場を果たす。また、メッシをトップ下に置き、こちらも20歳のS・ラミレスがワントップを担う4-2-3-1の布陣で試合に挑む。

 前半は5バックを敷くレバンテの守備に苦戦したバルセロナだったが、ようやく50分に先制に成功する。メッシのクロスをエリア内で受けたバルトラが胸トラップして流し込んだ。

 一度守備陣を崩してしまえば、あとはバルセロナの猛攻が襲うだけだった。56分にはネイマールがクロスからのこぼれ球を押し込み、61分にメッシがPKから追加点を奪う。メッシは75分に再び得たPKは外したものの、試合終了間際にダメ押しの4点目を決めて、この日2ゴール目をマークした。

 バルセロナはこの試合を4-1と快勝。無傷の4連勝で首位に立っている。

【得点者】
50分 1-0 バルトラ(バルセロナ)
56分 2-0 ネイマール(バルセロナ)
61分 3-0 メッシ(バルセロナ)
66分 3-1 カサデスス(レバンテ)
90分 4-1 メッシ(バルセロナ)

text by 編集部