皮下脂肪は密度も病気のリスクに! (shutterstock.com)

写真拡大

 体重が増えると気になるのが、お腹やお尻、太腿まわりにたっぷりとついた皮下脂肪。体脂肪計で測るたびに、その数値を目にしてはため息をつく人も多いだろう。余計な脂肪がつくと容姿がパッとしなくなるだけでなく、メタボによる生活習慣病病も気がかりなところだ。

 さて、この皮下脂肪は、ため込んだ「量」だけではなく「密度」も健康上のリスク要因になることがわかった。先月、米国国立心肺血液研究所(NHLBI)の研究グループが、内分泌と肥満に関する専門誌『ジャーナル・オブ・エンドクリノロジー・アンド・メタボリズム』で報告した。皮下脂肪の密度が高いと、男性では内臓脂肪の割合が上がり、女性では糖尿病や高血圧のリスクが高くなるという。

落ちやすい内臓脂肪、頑固な皮下脂肪

 ご存じのように、体脂肪には「皮下脂肪」「内臓脂肪」の2タイプがある。皮下脂肪は、おなかや太ももなどの皮膚の下にある皮下組織に蓄積する細胞で、体温を保ったり、衝撃から身を守ったりする。外側からつまめるため、厚さを測ることによって肥満度を測定することが可能。皮下脂肪型肥満になると外見的にもたるんだ体型になるため、ダイエットを決心させる脂肪と言っていい。

 一方、内臓脂肪は腹腔内の内臓の周りに蓄積した脂肪で、手でつまむことはできない。内臓を正しい位置に保ち、クッションになって保護したりする役割をしているが、つきすぎると皮下脂肪よりもずっと危険な存在になる。血糖値と血圧の上昇、中性脂肪の増加、血管の損傷が進み、糖尿病、高血圧症、心臓病や動脈硬化など、あらゆる生活習慣病の発症リスクに深く関わるからだ。

 ただし、内臓脂肪は血行のよい内臓周りについているので、蓄積も早いが減るのも早い。食事制限や運動によるダイエットで、効果が得られやすい。それに対して皮下脂肪は、代謝が悪いため分解されにくく、いちど付くと減らすことが難しい。皮下脂肪がつきやすい女性にとって、悩みのタネだ。

皮下脂肪の"密度"と疾病リスクに相関

 とはいえ、皮下脂肪と内臓脂肪は、どちらもエネルギーの摂りすぎでたまった脂肪であることは同じ。研究グループは今回、皮下脂肪の密度と、内臓脂肪の蓄積量や心臓血管疾患のリスクとの繋がりについて検証した。対象となったのは、米ボストン郊外のフラミンガムで行われた心血管病の大規模研究「フラミンガム心臓研究」に参加した3212人。平均年齢は50歳で、男女比はほぼ同数だった。

 最初にコンピュータ断層撮影法(CT検査)で、参加者の皮下脂肪と内臓脂肪の密度と量のデータを測定。それに基づき、皮下脂肪の密度と内臓脂肪との関連性を調べた。すると男性では、皮下脂肪の密度が高くなるほど内臓脂肪組織の割合(内臓脂肪/皮下脂肪比)も高くなっていた。つまり、皮下脂肪の密度が詰まっている人ほど、危険度の高い内臓脂肪も多くたまっているということだ。だが、女性にはこの関連性は見られなかった。

 次に、体脂肪と心臓血管疾患のリスクとの関連について、統計学的に分析した。皮下脂肪の密度および、皮下脂肪組織に対する内臓脂肪の割合(内臓脂肪/皮下脂肪比)が低めの人と高めの人とで、心臓や血管系の病気を発症するリスクを計算、比較した。

 すると今度は、特に女性に高い関連性が見られた。皮下脂肪の密度及び内臓脂肪の割合が高いと、病気になるリスクが跳ね上がることがわかった。女性で両方が高い人は低い人に比べ、糖尿病リスクが約6.7倍、高血圧リスクが1.6倍ほど高かった。さらに、皮下脂肪「量」の条件で補正すると、糖尿病は10.8倍、高血圧は2.5倍とさらにリスクが上昇。同じ傾向は男性でも見られたが、女性ほど関連性は強くなかったという。

新たな判定方法として研究が進むか?

 今回の研究結果から、皮下脂肪の密度は、男性では皮下脂肪に対する内臓脂肪の比率に、女性では糖尿病や高血圧リスクを知るための間接的な目安にできることが判明した。特に女性で、さほど太っていないように見えても体脂肪率が高い人は、皮下脂肪の密度も高い可能性がある。男性よりも見た目の肥満度で病気のリスクが測りにくいのであれば、普段から努めて血圧や血糖値にしっかり注意を払わなければならないだろう。

 今までは、あまり注目されてこなかった皮下脂肪の密度だが、今回の調査で関心を集めることになりそうだ。将来的に皮下脂肪の密度と量の両方から、体内の肥満度と疾病のリスクを手軽に予測できれば、生活習慣病の予防により一層役立つに違いない。
(文=編集部)