香川真司【写真:Getty Images】

写真拡大

 香川真司が所属するドルトムントは20日のブンデスリーガ第5節レバークーゼン戦に臨むスターティングメンバーを発表した。

 前節ハノーファー戦と全く同じメンバーとなり、香川はリーグ開幕から5試合連続で先発に名を連ねている。またベンチには負傷離脱していたマルコ・ロイスが帰ってきた。

 17日に行われたクラスノダールとのヨーロッパリーグ開幕戦で大活躍を披露したパク・チュホもベンチスタート。香川との共演が注目されているアドナン・ヤヌザイもベンチから出場機会をうかがう。

 ドルトムントはレバークーゼンとの相性が悪く、最後に勝利したのは2013年2月の対戦で、それ以降4試合で2敗2分と負け越している。今度こそ勝利で好調が勢いだけでないことを証明したいところだ。

 ドルトムントのスターティングメンバーは以下の通り。

GK:ビュルキ
DF:ギンター、パパスタソプーロス、フンメルス、シュメルツァー
MF:ヴァイグル、ギュンドアン、ホフマン、香川、ムヒタリアン
FW:オーバメヤン
サブ:ヴァイデンフェラー、ピシュチェク、パク、カストロ、ロイス、ラモス、ヤヌザイ

text by 編集部