トク得グルメや当地の人気スイーツも!代々木公園で国内最大級の「北海道フェア」

写真拡大 (全4枚)

北海道の秋を彩る海の恵みと大地の恵みが、まるごと代々木公園で味わえるイベントがやってくる。秋の澄みきった空の下で、北海道グルメを満喫して。

2015年10月2日(金)から4日(日)までの3日間、代々木公園の野外音楽堂前広場で「第27回北海道フェア in 代々木〜ザ・北海食道〜」が開催される。会場では、獲れたての鮮魚や野菜、肉類などを豪快に直火で焼き上げるブースが多数登場し、“北海道グルメ”がたっぷりいただける。

今年で27回目を迎えるこのイベントには、約100店の北海道グルメや特産品などを扱う出展ブースが登場し、総メニュー数は400種以上、客席も1700席以上というスケールの大きさで、屋外で行われる北海道物産としては日本最大級とか。


毎年、人気の「390円(サンキュー)トク得グルメ」は、通常定価500円以上の商品を1日50食のみ390円で販売するという名物企画。例えば、「札幌久兵衛」の「とろサーモンといくらの親子丼」は、トロトロの食感がたまらない漬けサーモンとイクラを組み合わせた海の親子丼。通常価格1500円のこれが390円でいただけるというから、見逃せない。

ほかにも、知床沖で獲れる“幻のカニ”、プリップリのイバラかにを豪快に焼いた、「知床らうす舟木商店」の「幻のかに 知床産イバラかに足一本焼」(通常価格1000円)や、「鮨処 竜敏」の「鮨屋のいくら3貫味くらべ」(通常価格1200円)など、ふだんは絶対に390円では食べることができない旬のスペシャルメニューが39(サンキュー)種類も並ぶ。

「毎日、それぞれに50食限定で早いモノ勝ちです。どうしてもゲットしたい場合は、10時前にでかけるのがおすすめです」と、実行委員会事務局の小倉さん。


ご当地スイーツ企画の「北海道スイーツストリート」も、今年はさらに充実。こちらは札幌市内から4店の人気メニューがエントリーしているとか。北海道らしく、濃厚なチーズやほくほくのジャガイモ、メロンなどを使ったスイーツもあるそうなので、スイーツ好きの女子はチェックして。

「同企画は、2015年5月に福岡でも開催したのですが、札幌市の『日曜日のクッキー。円山』さんの『ふわふわゆきいちご』が大人気でした。これは完熟のイチゴを急速冷凍して削り、北海道練乳をかけたひんやりスイーツで、イチゴのおいしさが丸ごと味わえます」(同)

このほかにも、地元で人気の「ソフトクリーム 北氷菓」の「アイスどら」は、その名の通りアイスのどら焼きで、老舗和菓子店の皮に包んだカボチャやビターチョコの餡が絶品だそう。


夕張から20トントレーラーで直送した獲れたて野菜を、既定のカゴに1回300円で詰め放題という、毎年好評のイベントや、歌謡ショー、豪華な賞品が当たるクイズ大会も。また、期間中は毎日、先着300名に、北海道の大沼国定公園で取水されたオリジナルミネラルウォーター(500ml)をプレゼントするとか。

「おいしいアルカリイオン水は北海道グルメとの相性も抜群なので、このお水を飲みながら北海道の秋の味覚を楽しんでください」(同)

北海道の“実りの秋”を体感できるイベント、食いしん坊な女友達や彼を誘って。