アーロン・クレスウェル【写真:Getty Images】

写真拡大

 今季から主力に定着したルーク・ショーを大けがで失ったマンチェスター・ユナイテッドは、代役にウェストハムのイングランド人DFアーロン・クレスウェルを狙っているようだ。

 昨季イプスウィッチからウェストハムに加入したクレスウェルは、初めてのプレミアリーグで大ブレイクを果たし全38試合にフル出場してクラブの年間最優秀選手に輝いた。いまではイングランド代表招集への待望論も持ち上がっている。

 だが今季開幕前に2年の延長オプション付き5年契約にサインしたばかりで、最長2022年までウェストハムに留まる予定となっている。引き抜きには多額の移籍金が必要なうえ、リバプールの下部組織出身という事実も障害になるかもしれない。

 ルイス・ファン・ハール監督は当面の間マルコス・ロホを左SBとして起用する見込みのようだが、そのパフォーマンスしだいでは冬の投資もありえる。12月に26歳を迎えるイングランド屈指の実力派DFは移籍を決断するだろうか。

text by 編集部