U−15日本代表が香港に7発大勝、本選出場権を獲得/AFC U−16選手権2016予選

写真拡大

 9月20日にAFC U−16選手権2016予選が行われ、グループリーグ第3節でU−15日本代表は、香港代表と対戦した。

 日本は、モンゴル戦で5得点のFW久保建英(FC東京U−15むさし)やハットトリックを達成したMF平川怜(FC東京U−15むさし)、FW宮代大聖(川崎フロンターレU−15)らが先発に名を連ねた。

 試合は、MF中村敬斗(三菱養和SC巣鴨ジュニアユース)のゴールで日本が先制する。さらに34分にはMF菅原由勢(名古屋グランパスU15)が追加点を決め、2−0で前半を折り返した。

 後半に入ると、しばらくは試合が膠着したまま時間が過ぎるも、終盤に日本の攻撃陣が爆発。71分のFW棚橋尭士(横浜F・マリノスジュニアユース)のゴールを皮切りに、DF瀬古歩夢(セレッソ大阪U−15)やFW山田寛人(セレッソ大阪U−15)がゴールを重ね5得点を挙げる。結局、日本は7−0で圧勝した。

 2連勝でグループ1位となったU−15日本代表は、来年9月から10月にかけてインドで行われる本選への出場権を手にした。

【スコア】
U−15日本代表 7ー0 U−15香港代表

【得点者】
1−0 中村敬斗(U−15日本代表)
2−0 菅原由勢(U−15日本代表)
3−0 棚橋尭士(U−15日本代表)
4−0 瀬古歩夢(U−15日本代表)
5−0 山田寛人(U−15日本代表)
6−0 平川怜(U−15日本代表)
7−0 棚橋尭士(U−15日本代表)