桃子、最終日に6つ伸ばし8位タイでフィニッシュ!(撮影:ALBA)

写真拡大

<マンシングウェアレディース東海クラシック 最終日◇20日◇新南愛知カントリークラブ 美浜コース(6,374ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「マンシングウェアレディース東海クラシック」の最終日。25位タイから出た上田桃子が7バーディ・1ボギーの“66”をマーク。スコアを6つ伸ばし、トータル8アンダー8位タイで競技を終えた。上田はこれで今季21試合で15回目のトップ10フィニッシュとなった。
上田桃子、今季15回目のトップ10!今シーズンを写真館で振り返る
 「昨日は3パットが4回、初日も今日も1回あって。そういった無駄な1打の積み重ねが1歩届かないところだと思う」とホールアウト後に自己分析した上田。今季、これだけ安定成績を残しているのに優勝には届かない、その悔しさを改めて滲ませた。
 「シーズン中盤ぐらいまでショットに対する違和感を感じていましたが、ようやく先週ぐらいから手ごたえが感じられました」。先週は悲願のメジャータイトルを逃したが、自分のプレーに対する自信は深まってきている。
 「それが早かったのか、遅かったのかは分からないけど、まだメジャーが2戦残っているので早く気づけたかな」。すでに再来週の大一番「日本女子オープン」を見据えている上田。これまでの鬱憤を晴らすには、ビッグタイトルを獲るしかない。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【WITB】
人気女子プロのオフの顔も必見!「女子プロ写真館」
国内女子の賞金ランキングをチェック!