【内村さまぁ〜ず】祝10年!内村光良×三村マサカズ×大竹一樹に″ステキなオヤジ″になる秘訣を聞いてみた

写真拡大

内村は言う。「他の番組では私も戦ってますよ! でもこの番組に関してはね…気を抜いてることは否めない(苦笑)」。

【インタビュー】『内村さまぁ〜ず THE MOVIE〜』 内村光良「次から次にお笑いさんがやってきて、てんやわんや」

三村は「早く飲みに行きたくて『収録長すぎない?』って口に出せる番組も他にないでしょ?」と笑い、大竹は「そもそも3人で飲みに行くために、その前にちょっと仕事やっておこうって始めたから」とうなずく。

そんな調子で“脱力系成り行きバラエティ”として2006年に始めた「内村さまぁ〜ず」が10年目に突入し、なぜか『内村さまぁ〜ず THE MOVIE エンジェル』として映画化! 

それでもこの3人は…全く変わらない!

この日の朝、大竹は妻の出産(第二子)に立ち会った。出産後にはラジオ出演、そして「内さま」の収録など通常通り仕事をこなし、そのまま、普段と何も変わらぬ様子で内村、三村と雑談でもするかのようにインタビューに臨んだ。

通常のTV版「内さま」とは全く異なる構成となっているこちらの劇場版。

「エンジェル探偵社」を舞台に、彼らの元に持ち込まれる様々な依頼をきっかけに悲喜こもごものドラマが展開する。

特筆すべきは総勢56名にも及ぶ、ゲストお笑い芸人の豪華な顔ぶれ! 

――ゲストの芸人さんたちは入れ替わり、立ち代わりで現れては帰っていくという形だったそうですが印象深い思い出は?

内村:アンジャッシュの児嶋(一哉)はあっという間に帰ったね。

三村:あいつはオイシイ役だったね。(居酒屋の店長で)キレるだけ。

大竹:一番いいところが出たね。あいつの良さはあれだけしかないから(笑)。

三村:あれより長くなってもつまらないから、あのワンポイント(笑)。

内村:ピークを我々が作り上げたね(笑)。

大竹:児島という人間の人生のピークはあそこだったと(笑)。

三村:実際、(ゲストの登場なども)監督が全部考えるから、どこに誰がいるのかおれたちもわかってなくて…。

内村:当日、現場に行って「あぁ、今日 一緒なんだ」って。

三村:イメージ通りだったのは東MAX(=東貴博)くらいじゃない? 「東MAXランド」のところの。

大竹:あそこだけですね、唯一、TVと映画がつながってるのは。

――多くの芸人が全く爪痕を残せずに帰って行ったんですね?

三村:みんな、期待して出たけど、映画を見たら映ってなかったという(笑)。

ビックリしたのが「ドランクドラゴン」の鈴木拓が顔はほとんど映ってないのに、後で別の日にもう一度呼び出されてアフレコで声を録ったということ。

お前、結構働いてるじゃん! って(笑)。

大竹:出ているところ分からないのに、わざわざ声をあてているのね(笑)。

――笑福亭鶴瓶さんはインパクトありましたね。何か仰ってましたか?

大竹:台本、ほとんど読んでないって言ってました(笑)。

三村:何かっていうと自分が(俳優として)獲った賞の自慢ばかりしてましたね。

「ブルーリボンに日刊スポーツ…すごいやろ? 7冠やで」って。

でもセリフはほとんど覚えてないの。

大竹:1日だけ来てやっつけ仕事でしたね〜(笑)。

内村:でもズルいのは、師匠のワンショットで画面がすごく映画的になっちゃうんですよねぇ。

画が締まるんですよ。あれはズルいなぁって思いました…でも、憧れません(笑)!

ゲストの中で見つけにくい人は?

内村:TKOの木本(武宏)。

大竹:「かもめんたる」もわかんなかったなぁ。まあ「かもめんたる」はそこにいてもわかんないか…。

三村:(ゲストの顔写真一覧を指しながら))この人、知らないでしょ? 手賀沼ジュン!

内村:「WAGE」の人だよ。

三村:おれんちでいま、引っかかってるの。彼だね、一番探せない人。

大竹:(資料を見ながら)あれ? 「梅小鉢」って出てた?

三村:おれが走るシーンで道を案内してくれるじゃん。映画ちゃんと見た?

大竹:見たよ(笑)。おれはきっと(後ろにいるゲストではなく)前の方の芝居を見てるんでしょうね。

三村:でも「梅小鉢」は完全に前の芝居だけどね。おれが道を聞いてるんだもん。

大竹:そんなシーンありました(笑)?

三村:出たよ、おれのシーン軽視! 

あ、イジリー岡田さんもわかりづらくない? 

いや、ちゃんと出てるけど、感動シーンだからイジリー岡田さんを見つけても『笑ってはいけない』感じになってる。

――内村さんは、2人の芝居を“監督”の目で見てアドバイスしたりはしなかったんですか?

内村:いや、今回は私はあくまで「俳優部」の俳優として頑張りましたので。

三村:「ここはこうした方が…」とか言う内村さんは今回、一切見てないですね。

自分も監督業をやってるとそうなるのかな? と思いましたね。

自分が監督をやってて、横から余計な口出しされてイヤな思いしたのかな? って(笑)。

「ステキなオヤジになるために必要なこと」

――3人とも映画の中でも外でも楽しそうですが、楽しく年をとる秘訣、ステキなオヤジになるために必要なことは何ですか?

三村:何だろうね…?

内村:若い時は何にも考えてなかったね。

大竹:将来の目標を考えたこともないし。

三村:ないね〜。

大竹:いまだにそう。

三村:年間の目標も立てたことなんてないし。明日の仕事もいま知らないですしね。

大竹:そういう状態でずっとやってきてね…。

内村:いや、おれはそんなことないですよ(笑)! 明日の仕事は知ってます。

そこはちゃんと線引きをお願いします!

大竹:マネージャーがね、聞いても何も教えてくれないんですよ。

三村:ナイショ主義なのかね。

大竹:「あ、ええと、いま確認します!」って。明日のことだろっ!

三村:ここ1週間くらい、大竹は(第二子が)いつ生まれてくるか分かんないから、仕事の入り時間と終わりの時間が結構、大事だったんですけど、聞いても教えてくれないの!

大竹:この取材の現場も昨日、知らなかったしね。ビックリですよ。

――それでも何とかスムーズに奥様の出産に立ち会えたんですね。

大竹:いや、偶然、空いている時間だったんです。夜中からの出産だったんで。

――内村さん、三村さんからは何かプレゼントなどは?

三村:いや、知らなかったですもん。(知ったのは)今日の朝です。

大竹:内村さんには生まれてすぐに病院から…

内村:メールをくれましたね。

三村:僕はマネージャー経由で聞きました。

「おめでとう」ってまだ直接言ってないんですよ。

「いつ生まれたの?」とかは話しても、同級生だとそういうの(=祝福の言葉)は言わないんですね。

「あけましておめでとう」も「結婚おめでとう」も言ってないですね。

大竹:まあそういうもんですよね。

三村:だから、どこかでついでに買ったおもちゃとかを(大竹の子供に)あげようかと思ってます。

Twitterも「中村さん(※大竹の妻の中村仁美アナウンサー)、おめでとう」ってつぶやきましたから。

大竹も(逆に三村に対しては)「言いたくない」って言いますしね。

大竹:なんか負けた感じがするっていうかね。

三村:おれの2人の子供の時も1回も言ってないし!

大竹:お前、完全に意識してんじゃねーかよっ(笑)!!