「サンデー・ジャポン」が太田光の民主党についての発言を訂正し謝罪

写真拡大

20日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)が、爆笑問題太田光の民主党をめぐる発言について訂正し、謝罪する場面があった。

この日の番組では、安保関連法案の話題の中で太田が民主党を批判する一幕があった。枝野幸男幹事長が16日の集会で演説を行うなど、民主党は同法案に反対するデモ集会に参加していた。

太田はこのことが疑問のようで「民主党は憲法改正ですよ。しかも、集団的自衛権も行使は容認のはずだった」と指摘し、「(方針が)変わったならそれを明確にすべきだ」と訴えた。

さらに、民主党が今後政権を奪還する場合を仮定し「一緒に叫んでた『9条を守ろう』っていうプラカードを持っていた人たちのことを、彼ら(民主党)はどうするつもりなのかな」と疑問を投げかけたのだった。

ところがこのあと、番組後半で吉田明世アナウンサーが「訂正があります」と切り出し、「先ほど番組内で民主党は『集団的自衛権の行使を認めている』と放送しましたが、正しくは『安倍政権が進める集団的自衛権の行使は認められない』との立場です」と説明し、「訂正してお詫び致します」と謝罪したのだ。

これを受けて、太田は「オレが言ったこと?」と聞くと、相方の田中裕二が「そう、太田さんが言ったことですよね」「民主党から多分いろいろあったんでしょうね。テレビ的に」と推測していた。

太田は納得が行かないようで、不満そうな表情を浮かべて「うーん、ハッキリしないね」と首をかしげていたのだった。

【関連記事】
松本人志の安保関連法案に関する発言を蛭子能収が称賛「勇気がある」
東国原英夫氏 安保関連法案をめぐって安倍晋三首相に訴え「本音を言うべき」
田中裕二が司法試験漏えい問題で教え子の女性を一刀両断「本当のバカ」