<ANAオープン 最終日◇20日◇札幌ゴルフ倶楽部・輪厚コース(7,063ヤード・パー72)>
 北海道にある札幌ゴルフ倶楽部・輪厚コースで開催された、国内男子ツアー「ANAオープン」。トータル16アンダーまでスコアを伸ばして優勝を飾った石川遼に次ぐ2位に、この日ノーボギーの“67”で回り、トータル14アンダーとした宮里優作が入った。
今週の試合をフォトギャラリーで振り返る!
 穏やかな3日間から一転して風が強く吹いたこの日。「初日からは違う風で強さも違う。セカンドの距離感とかがイメージできなかった」とショットに悩まされたが、9アンダーから出て4番、5番の連続バーディでスコアを伸ばしてハーフターン。後半にも3つのバーディを奪って上位に喰いこんだ。
 終盤は石川に2打差にまで迫ったが、あと一歩届かなかった。今季ツアー初参戦での石川の優勝は「本当に素晴らしいこと。苦労しましたからね今年1年。それを神様が見ていて、ご褒美だと思います」と祝福した。
 自身は思うように優勝争いが出来ずに静かなシーズンを過ごしているが、「中日クラウンズ」以降の予選落ちはなし。今大会も2日目からノーボギーのプレーを展開するなど調子も上向いてきた。「段階もあるので。後半に向けて、いい状態できている。キッカケをつかめたので来週から頑張ります」と表情を引き締めた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>