<マンシングウェアレディース東海クラシック 最終日◇20日◇新南愛知カントリークラブ 美浜コース(6,374ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「マンシングウェアレディース東海クラシック」最終日は大混戦となったが、制したのは今季から日本ツアーに本格参戦した韓国のキムハヌル。この日首位からスタートしたハヌルは途中、順位を落とすもトータル12アンダーに伸ばし再逆転。ホステス大会で日本ツアー初優勝を果たした。
日本ツアー初優勝のキム・ハヌルの特選PHOTOは写真館で
 また、ツアー初優勝を目指した松森彩夏は一時単独首位となるも、ハヌルに再逆転され、前年覇者の申ジエ(韓国)と並び2位でフィニッシュ。惜しくもツアー初優勝を逃した。続くトータル10アンダー4位タイには横峯さくら、酒井美紀がつけた。さらにトータル9アンダーの6位タイに大山志保とアン・ソンジュ(韓国)が入った。
【最終結果】
優勝:キム・ハヌル(-12)
2位T:松森彩夏(-11)
2位T:申ジエ(-11)
4位T:横峯さくら(-10)
4位T:酒井美紀(-10)
6位T:大山志保(-9)
6位T:アン・ソンジュ(-9) 
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【WITB】
ここまでの女子ツアーを写真館で振り返る